ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノ再開で手弾きと打ち込みを比較してみる

<<   作成日時 : 2014/11/13 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

9月にローランドの電子ピアノHP506GPを買って、25年ぶりにピアノを再開しました。
音律ブログのこちらの記事に前後の状況を書いています

このブログの「鍵盤の小箱」テーマでは、シーケンサーによる打ち込みで作った音源で記事を書いてましたが、これからは手弾き(と言っても難しい曲は弾けませんけど)がしばしば登場することになるかもしれません。
私は小柄な体格で手も小さくパワーがない&長い曲を仕上げる根性がない(笑)ので、「あまり知られていないけど簡単に弾けるちょっとステキな小品」を好んで弾いています。
色んな意味で自分に合った曲を見つけるのが、大人ピアノのコツではないでしょうかね?

さて、以前こちらの記事で打ち込み音源を紹介したブルクミュラーのバラード、再開記念?に演奏を録音してみました。

こちらが打ち込み(再掲)↓



こちら、手で弾いてます(笑)↓ ◆打ち込み音源より音が小さめです


★音律がヴェルクマイスターになってますが、たいした理由はありません。後であまり合ってないかも…と思ったり(汗)

脳内にあるイメージは同じなので、打ち込みと手弾き、表現手段は違っても共通のものがあるなぁ…と自分でも妙に感心しました。

「バラード」はまだ家にピアノがなく、リードオルガンで練習していた頃から大好きでした。
仕上がってからも練習のシメになど、もう何回弾いたか分かりません。
電子ピアノに興味が出てきて楽器店で試奏を始めた時も、最初立ったまま弾いていた時はうろ覚えだったのに、ちゃんと椅子に座りペダルも付けてみると、完全にあの頃の記憶(笑)が蘇って来るし!
しかし冒頭、右手8分音符と左手16分音符が上手く合わない…やはり25年のブランクは辛いものが…でしたが、暗譜している曲がこれやブルクミュラーの他数曲とチェルニー30番の30番くらいしかなく、仕方ない?ので音階練習などしていたら徐々に調子が戻ってきました。

楽器を買ってからは、基礎練習や新しく買った楽譜の曲を弾くのが楽しくて、ブルクミュラーはほとんどやってなかったのですが、ふと思い立ち数回練習した後に録音したのがこの演奏です。
何年ブランクがあろうが、体がすっかり覚えてるということでしょう。
しかしこれには怖いこともあります。
終結部分「チャチャッ、チャチャッ、チャチャッ、ジャーーーーン!」の「チャチャッ」(特に最初の)がイマイチ揃って打鍵できてませんよね?
ここ、昔からそうなんです…いい加減に弾いてた癖が未だに直りません
特に難しい部分でもないのに…どうしてビシッと弾けないのか?

─── 体の記憶って意外と正確なのです。
だから悪い状態で体が覚えてしまうと、修正が非常に難しいんですね。
逆に良い状態で体に記憶させれば、何度でもそれが再現できるわけです。

【教訓】好きな曲は、細部まで気を配って丁寧に練習しましょう!

雑に仕上げてしまうと、後でキチンと弾き直そうと思っても、苦労しますよ。

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
達者な生演奏を拝聴しました。生ピアノのように聞こえます。音が全然違いますね。
手で弾いていると,弾き飛ばしもありますから,じっくり譜面を読む長年の打ち込み歴は生きてますね。精密な演奏だと思いました。強弱もくっきりと。私はそんなに速く正確に弾けません。
私はギターの演奏フォームを結構変えていますが,これは新曲でやらないとダメですね。かつて弾いた曲では悪い弾き方が全て染み付いていて改善は容易ではありません。全く仰る通りで,どの楽器でも共通だと思います。
Enrique
URL
2014/11/14 12:38
Enriqueさん、聴いていただきありがとうございます。

>生ピアノのように聞こえます
打ち込みのMIDI音源もローランドですが、私が使っているのはもう時代遅れのタイプ(実際の楽器音からサンプリングしたのでなく、波形を本物に似せて作っているだけ?)なんですね。
だから今回買った電子ピアノの音が断然良いです。
(チェンバロの音も結構イケますし)
ヘッドホンをしていても臨場感溢れる聴こえ方をするような仕様で、以前生ピアノを弾いていた私のような人間でも、全く違和感ありません。
電子ピアノ、進歩したものです…!

>じっくり譜面を読む長年の打ち込み歴は生きてますね
はい、打ち込みは非常に勉強になったと思っています。楽器が置けないので仕方なく?やっていた面もあるのですが、何事も経験ですね。

>悪い弾き方が全て染み付いていて
悪い弾き方や癖など、一度付いてしまうとなかなか抜けないのは怖いですよね。
子供の頃はそういうことに無頓着だった点が多々あり、これからは気をつけていこうと思っています。
REIKO
2014/11/15 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ピアノ再開で手弾きと打ち込みを比較してみる ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる