アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱
ブログ紹介
ヘンデルの声楽曲を中心とした、バロックの埋もれ名曲や、ちょっと珍しい音楽の話題など♪
zoom RSS

【第10回】超「階名(移動ド)唱」マスター法〜6度の練習

2016/09/25 20:32
五線上での6度音程は、タマの一方が「線」、もう一方が「間」上にあり、その点は4度と同じですが、当然ながらもっと離れています。
パッと見、一番分かりづらいかもしれません。


視唱していて音程が広い箇所に来るとつい慌てちゃいますが、落ち着いて双方のタマを良く見ましょう。
5度や7度なら「どっちも線上」か「どっちも間上」だし、8度(オクターブ)なら、タマ同士がもっと大きく離れています。

ところで6度の関係にある階名はすぐに言えるでしょうか?
ドの6度上ならラ、ミの6度下ならソ…離れているので少々面倒ですね。
でも3度と6度を足すとオクターブになるので、これを利用するとカンタンです。
ド↑ミが3度だからミ↑ドは6度、レ↑ファが3度だからファ↑レは6度…他も順に考えてみてください。
つまり、3度の階名(もうおなじみですね)をひっくり返せば6度になるんです!
また、階名を読んだ時の音程があやふやだったら、3度を歌ってから1オクターブ上げるか下げることで6度が出ます♪
この方が、間の階名を順に歌ってみるよりスマートですね。


なお一般的な歌に最も良く出てくると思われる6度は、長調曲での「ソ↑ミ」です。
「ソー↑ミーーレド レードーラーソーミーー」と、いきなりソミ6度で始まるスコットランド民謡「マイ・ボニー」、ここだけでも覚えておくと便利ですよ。

では6度を含む視唱課題を作ったので、挑戦してみてください。
画像




画像



次は19世紀の讃美歌です。日本の1954年版「讃美歌」には載っていましたが。現行の「讃美歌21」では落選?してしまいました。
しかし米国では現在でも非常によく歌われているようです。
1〜6度まで全部入っています、力試しですよ♪
画像


旋律だけだとイマイチな曲と感じるかもしれません。
まあ讃美歌というのは歌詞が重要なんであって、曲は会衆(歌が苦手な人もいる)が無理なく歌えるものであれば何でもいいんですね。
しかし現在では、讃美歌にポピュラー風のオシャレな和声をつけること(リハーモニー⇒略してリハモ)が普通に行われており、米国ではたくさん楽譜が出ているので、1冊調達してこの曲の伴奏を弾いてみました。

前奏4小節に続いて、歌ってみてください。

どうですか、ちょっとステキですよね♪
階名唱の練習は、最初のうちは唱歌や世界の民謡などの、ともすると「子供っぽいか古臭い」教材に偏りがちですが、このようにすると耳の肥えた大人の方にも楽しんでいただけると思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【第9回】超「階名(移動ド)唱」マスター法〜5度の練習

2016/09/16 21:57
五線から5度の音程を読み取るのは、4度よりも直感的に分かりやすいです。
下図のように、タマが線と線かまたは間と間の組み合わせなんですね。


3度も「線と線」「間と間」なのでまとめるとこうなります。


したがってこちらで説明した「近場の1つおき階名3つ」(だんご三兄弟)両端が、5度音程の階名になります。
だんご三兄弟は以下の7組あって、赤で示した階名どうしが5度です。

・ミ・  ・ファ・  ・ソ・  ファ・ラ・
・シ・  ・ド・  ・レ・ファ


視唱で5度のところに来たら、今の階名から5度上かまたは下の階名で読んで自然に音程もついてくれば歌えるわけですが、難しかったら間の階名を順に歌うか、階名1つとばしのだんご三兄弟経由で5度までたどり着いても構いません。
なお減5度の「シ-ファ」以外は全て完全5度の同じ音程なので、「ドド↑ソソララソー」と5度の上行を含む有名な「きらきら星」の出だしを思い出すと、(上行は)音が取りやすくなると思います。

では例によって練習問題を作ってみました。
いずれも1〜3度と5度からできていて、4度は含んでいません
最初に5度がどこにあるか、よく確認してから歌い始めましょう。

画像




画像




画像



最後の曲にシラミが2匹いますね(笑)。
「シ→ラ」はほとんどの場合2度の下行、その後ラ↑ミと上がれば5度、ラ↓ミと下がれば4度で、特に短調の旋律にはよく湧いています。
で、シラミと言えばこの曲、最後は「ソー↓ドー」と5度の下行で終わりますが、動画の演奏ではラがA音となっており、さだ氏がこの曲のドレミを階名と捉えているのか、それともいわゆる「固定ド」なのかは、トークの内容からは判別できません。

聴衆の反応からも分かる通り、ごくフツーの人でも「ドレミ…」くらいは知っているから笑いが起きるわけで、もしも日本音名「ハニホ…」だったら、こうはならないと思います。
「とりあえず皆が知っているドレミ…で読譜させれば話が早い、そして面倒くさいから?調が変わってもそのまま固定が簡単」というシロート迎合主義が、安易な「固定ド」教育の一因なのは間違いないでしょう。
まったく日本人のドレミ好きときたら…!!!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


【第8回】超「階名(移動ド)唱」マスター法〜4度の練習

2016/09/05 21:21
楽譜から階名唱する練習、徐々に音程を広げています…【第7回】3度の練習の次は当然4度ですが、実は5度を先にしようかと少し迷いました。
というのは、楽譜から音程を視覚的に読み取るのは、4度よりも5度の方が簡単だ(と思われる)からです。
でも一応順番にということで(笑)、4度はどうなるか見てみましょう。
↓↓↓このような「線と間」の組み合わせが4度音程です。


3度や5度のような、「線と線」「間と間」になる音程よりも、ちょっと把握しづらいかもしれませんね。
ともあれ、このようにタマが動いていたら、階名は「2つ跳ばし」で読みます。

例1:「ド」の4度上なら…レとミを跳ばして「ファ」
例2:「ソ」の4度上なら…ラとシを跳ばして「ド」
例3:「ラ」の4度下なら…ソとファを跳ばして「ミ」
例4:「ソ」の4度下なら…ファとミを跳ばして「レ」


こうして階名を読んだ時に、音程もついてくれば歌えるわけです。
御自分が今まで階名唱で練習してきた歌から、このような「2つ跳ばし」の部分を見つけて、その階名の組み合わせと音程を確認してみましょう。
最も重要なのは、長調で「ド→ソ」、短調で「ミ→ラ」と上行する、「属音→主音」の4度です。
特に冒頭がコレって曲は多いですね!
「蛍の光」:ソードードドーミーレードレー
「赤とんぼ」:ソドドーーレミソドラソー
「リンゴのひとりごと」:ミーララーラシーラシドーミミーミミーー
「ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品3の6 第1楽章」:ミーラーラーラーラーラードシラードシラー


では例によって視唱課題を作ったので、歌ってみてください。
上手く音程がついてこなかったら、「レ・ミ・ファ・ソ…」などと、間の階名を歌いながら辿っても構いません。
とにかく自力で旋律を把握することを重視しましょう。

◆歌う前に、どこに4度があるか確認しましょう
画像




画像



◆バロック舞曲風の旋律とリズムで、4度が非常にたくさん出てきます。旋律だけだと音が取りにくいかもしれないので、答え合わせの音源には低音付きのも用意しました。1度で上手く音が取れなかった場合でも、音源を参考に何度か練習すると歌いやすくなると思います。
画像


★旋律のみ


★低音付き

実は最後の曲、脳内作曲して五線に書いておき、翌日歌ってみたら「何かこの音が変だなあ…あんなに確かめて楽譜に書いたはずなのに」という箇所があったのです。
しかし何度か歌っているうちに、昨夜脳内に旋律と一緒に浮かんでいた和声が蘇ってきて、不自然な感じがしなくなりました。
実は旋律だけの視唱課題でも、正しく音を取るには旋律の背後にある和声がイメージ出来ているかどうかが非常に大切なのです。
特に、4度5度…と音程が広くなる部分ほど、その傾向が強くなります。
(低音を付けただけでも、和声が示唆されるため、歌いやすくなる)
楽譜から階名唱する前に、既知の易しい曲を階名で歌う練習が有効なのも、旋律と一緒に和声も耳にできるからなんですね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


【第7回】超「階名(移動ド)唱」マスター法〜3度の練習

2016/08/25 21:04
前回の練習で、もう隣の階名に動く2度の音程は大丈夫ですね。
調号から「ド」の位置を判別するのも慣れたと思います。
では続いて3度の練習をしてみましょう。
注)音程の「◆度」については、こちらのサイトの説明が非常に分かりやすいのでご覧ください。

楽譜から3度を読み取って階名唱するには、【第4回】で説明した1つおきの階名だんご三兄弟のことを思い出してください。
五線上では、このような↓タマの組み合わせが3度になります。



仲良しだんご三兄弟のうちの2人ですから、一方が間(かん)ならもう一方も間、一方が線ならもう一方も線 ─── 視覚的にも判別しやすいですね。
このペアを見たら、最初の音の階名から上または下に(隣をとばした)1つおきが次の階名ですよ♪
例えば上行なら「ド⇒ミ」や「レ⇒ファ」、下行なら「ド⇒ラ」等ですね。
読んだ階名に音程もついてくれば、歌えるわけです!

では実際に練習してみましょう!
(音源の最初に、歌い出しの音が実音で鳴ります。そこで一時停止して階名唱してみた後、残りを再生して答え合わせしてください)
【1】どこに3度があるか、歌う前によく確認しましょう
画像



【2】短調(…と認識すると歌いやすいです)
画像



【3】3度の連続がありますよ!
画像



【4】長いですが頑張って完走(奏?)してください
画像



3度にも短3度長3度があり、「レ・ファ」「ミ・ソ」「ラ・ド」「シ・レ」が前者、「ド・ミ」「ファ・ラ」「ソ・シ」が後者になります。
これも短2度と長2度の区別と同様、階名の組み合わせとその音程が音感として身についていれば、逐一アタマで考えなくも歌えますね!

3度までの音程でできている有名曲は、外国の歌に日本語歌詞をつけた唱歌「ちょうちょう」や、こちらでも紹介したウェルナーの「野ばら」があります。
童謡にたくさんありそうな印象ですが、そう簡単には見つかりません。
3度までで、そこそこまとまりのある音楽的な曲を作るのは至難の技かと思います。
(だからウェルナーの「野ばら」がスゴいんです!)

なおボブ・ディランの「風に吹かれて」(Blowin' in the Wind)は、手元の高校音楽の教科書に乗っている楽譜では3度までしか出てきませんが、本人歌唱カバー演奏で確認すると、歌い方によってはフレーズのつなぎ部分で4度や5度がチラっと出るようです。(惜しい!)
そうは言ってもこの曲が非常に限られた音程でできていることは確かで、シンプルな旋律ゆえに詞が語りかけてくる強さを感じます。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9


【第6回】超「階名(移動ド)唱」マスター法〜2度までの練習課題

2016/08/23 22:58
前回の記事、最後の例題はどうだったでしょうか?
「ドレミミレドレ ドシラシド〜♪」と階名唱できれば合格です。
タマが隣(2度)に動くだけ、つまり階名も隣に上下するだけなので、「簡単〜!」って方も多かったと思います。

そう、簡単なんです ─── でも隣の階名とはいえこの旋律、「ド↓シ」「シ↑ド」は半音(短2度)、「ド↑レ」などそれ以外は全音(長2度)で、五線上でタマが動く幅は同じでも、音程は違うんですね。
この区別がついてないと、楽譜から正しく歌えません。
そういう面倒なことを、理屈でなく感覚でやってのけられるのが階名唱の利点で、そのために楽譜を見る前に階名の組み合わせと音程を紐付けするべく、色々な歌を階名で歌う練習をしてきわけです。

では2度音程を練習するための視唱課題を作ってみたので、階名唱してみてください。所々ヒントが書いてあるので確認しながら歌いましょう。
(楽譜はクリックで拡大、音源を使った答え合わせも前回と同様に)

【1】調号が#の時は、その一番右側の位置が「シ」でしたね。「ドレミファソ〜♪」と音階を歌ってから始めると、「ソ」から歌い出しやすくなります。
画像



【2】調号が♭の時は、その一番右側の位置が「ファ」でした。
画像



【3】調号がたくさん並んでいても、平気平気(笑)!
画像



【4】3拍子です。少し長いですが無事完走してください。
画像



3度以上の跳躍がなく、2度音程までで作られている有名な曲はちょっと思いつきませんが、曲の一部に効果的に使われている例ならいくつかありますね。
「ドーシーラソーー ラーソーファミーー」で始まるのは「カロ・ミオ・ベン」。
「ドーシーラソーーーファミーレードーー」の下行音階で始まる「もろびとこぞりて」は、この後5度跳んで「ソラーラシーシドーーー」と上行に転じます。
「むすんでひらいて」は「ミーミレドードー レーレーミレドー」の次に5度跳んで「ソーソファミーミー レドレミドーー」、次に3度跳んで「ミーミファソーソー ラーラーソファミー ミーミファソーソーラーラーソー」と、大部分2度までのフレーズを跳躍でつなげた構成で、とても歌いやすくなっていますね。

【追記】有名な讃美歌で、「2度」までしか使ってない曲を見つけました。
When I Survey the Wondrous Cross(日本題:栄えの主イエスの)
音域も、シ⇒ファまでの減5度しかなく、誰にも歌いやすくなっています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【第5回】超「階名(移動ド)」マスター法〜いよいよ楽譜から階名唱!

2016/08/21 17:20
さあ、いよいよ楽譜を見て階名唱するところまで来ました!
階名は調によって五線上の「ドの位置」が異なるので、まず「どこがドなのか」判別する方法を紹介します。
いくつか並んでいる調号の一番右を見てください。
#ならその位置が「シ」、♭ならその位置が「ファ」です。


「シ」ャープは「シ」、「フ」ラットは「フ」ァ…なので、覚える必要さえないほど簡単ですね!
シまたはファの位置から、五線の線と間(かん)を順に上または下に階名を言いながら辿って、ドの位置を割り出しましょう。

下の例では、一番右の♭から「ファ・ミ・レ・ド」と下りると、ドは第1線(線や間は下から数えます)だと分かります。
(「ファ・ソ・ラ・シ・ド」と上がれば、第4間もドだと分かります)
なお「ドの位置」でなくても、最初の音符まで辿ってその階名を判別するだけでも歌い出せます。(慣れればこちらの方が手っ取り早い)


そして最も重要なのは、階名を読み取る際の楽譜の見方。
音名読譜でありがちなタマの位置を単独で見るのでなく、前の音からどれくらい上がった又は下がった、又は同じ…というように、常に2音間の「音程」に着目して、折れ線グラフのように読んでいきます。
「ド」から1つおいて上に動いたから、階名は(「レ」を飛ばして)「ミ」、「ミ」のすぐ上隣だから「ファ」、その「ファ」からまた上隣で「ソ」、今度は1つおいて下に動いたから(階名も1つ飛ばして)「ミ」、「ミ」のすぐ下だから「レ」……
タマの上がり下がりを見て、今読んだ階名から次の階名を引き出すと考えてください。
◆この読み方は、階名唱の際に自分がどうやって楽譜を見ているか分析したらこんなんでした(笑)というだけで、どこかで習ったわけではありませんが、これで快適に?階名唱できてるので、まんざらハズレではないと思います。

この方法の特徴は ────
1)出だしの階名さえ分かれば、後は何調でもどんな音部記号でも同じように読める!
(調や音部記号で異なるドミソの位置を暗記するような面倒がない)
2)階名と音程が紐付けされていれば、階名を読むと同時に歌える!
(「固定ド」読みからズラしたり読み替えたりする方法より、はるかに階名の本質に則しているため歌いやすい)
3)読み取るべき音程が広くなるに従って難しくなる
4)途中で階名や音程を間違うとその先が全崩壊(笑)

(3)に関しては、狭い音程から練習を始めて徐々に広げていけばよく、難易度を踏まえた学習計画が立てやすいので、むしろ利点とも言えます。
で、とりあえずこの方法で色々な調の曲を階名視唱しているうちに、結果的に調ごとのドやソの位置を自然に覚えたり、自分なりの読み方のコツもできてくるので、どんどん精度が上がってきます!

では理屈はこれくらいにして、簡単な例題をやってみましょう。
(楽譜はクリックで大きくなります)
画像
1.一番右の調号の位置を手がかりに、最初の音の階名を割り出す
2.そこからタマの上がり下がりで順に階名を読む
3.階名を読みながら音程もつけて歌える…かな??
注1)「何調か」判別する必要はありません
注2)最初は、適当な高さで歌い出して構いません


何回か歌ってみて旋律が把握できたら答え合わせをしましょう。


冒頭に歌い出しの音が実音で鳴ります。「||」で一時停止して、今度はその音高(またはオクターブ下)から歌い始めてください。
そのあと残りを再生して合っていればOK!です。
     ……どうでしたか?(^ ^)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


【第4回】超「階名(移動ド)唱」マスター法〜楽譜見るまでもう少し

2016/08/20 14:01
「階名(移動ド)唱」というと、楽譜を見て「固定ド」音名からズラしたり読み替えする訓練…と思われている中、一向に楽譜が出てこない(笑)のでしびれを切らしている人もいるでしょう。
お待たせしました、今回は少しだけ楽譜めいたものに足を突っ込みます。

楽器を習っている人なら、基礎練習として音階が重要なことはよく知っていますね。
隣の音の練習、階名唱も非常に大切です。
「ドレミファソラシド」と順に並べなくても、途中からでも隣の階名がすぐ言えるようにしましょう。
(この場合は旋律ではないので、音程までつけなくても構いません)
例えば「ミ」の下は「レ」で上は「ファ」、「シ」の下は「ラ」で上は「ド」など ─── これは特に難しくないですね?

ではその次 ─── 1つおきの階名もスルッと出るようにしましょう。
例えば「ド・ミ」「ラ・ド」「レ・ファ」など。
階名で色々な歌を歌っていれば良く出てくる組み合わせなので、自然に覚えてる人も多いはずです。
「ちょうちょ」の冒頭「ソミミ」「ファレレ」や、「ドレミの歌」の後半「ドミミ ミソソ レファファ…」などはその好例。
そしてこれをもう少し発展させて ────



近場の1つおき階名3つもひとまとめにして覚えます!
例えば「ラ・ド・ミ」「ド・ミ・ソ」「レ・ファ・ラ」など。
これも階名で歌っている中に、少なからず出てきましたね?
ついで?に3つの両端(1つおきのさらに1つおき)、「ラ・ミ」「ド・ソ」「レ・ラ」などもセットで覚えられればベストです。
この「近場の1つおき階名3つ」を、昔流行った歌を借りてだんご三兄弟と呼ぶことにしましょう(笑)。
この三兄弟がとても仲良しなのは、楽譜を見れば一目瞭然ですよ〜♪
彼らは五線の上で、誰か一人が「線」の上なら他2人も「線」の上、誰か一人が「間(かん)←線と線の間」なら他の2人も「間」なのです!
↑↑↑↑↑↑↑↑コレ 超 重 要↑↑↑↑↑↑↑↑

さて、ここでようやく「楽譜めいたもの」の登場です。
下図の五線(音部記号や調号は関係ないので書いてありません)で、淡赤の音が仮に示してある階名だとしたら、残りの兄弟の階名はどうなるでしょう?



「1つおき階名」が身についてればすぐに分かるはず…なんですが、ここで「固定ド」の習慣が染み付いていると、その読み方と混乱するから困るんですね……
(だ か ら 音名にドレミを使うな!って何度も言ってるわけです)
「固定ド」の方は頭を柔軟にして臨んでください。
むしろ「楽譜が読めない」人の方が、抵抗なく回答できると思います。

問題の左側からいくつか説明すると、「線」の上に3つ積み重なっているだんご三兄弟の一番下が「ド」なら、その上は「ミ・ソ」、これは簡単!?
次は「間」の三兄弟、一番上が「ミ」ならその下は「ド」さらにその下が「ラ」。(下がるのは少々難しく感じるので、慣れましょう)
右端の問題は三兄弟まん中が「ラ」なので、上は「ド」、下が「ファ」ですね。
この「1つおき階名」と「だんご三兄弟」を使った階名当て、自分でも五線に色々な問題を書いて答えてみてください。
これがサッと回答できて、かつ階名と音程の紐付けができていれば、どんな調でも楽譜を見て階名唱できる基礎力がついています!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

リンクは御自由にどうぞ
どのページでも構いません
ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる