テーマ:音楽♪話のタネ

7拍子~混合拍子を弾く【2】

7拍子は3拍子と4拍子の混合で、「3+4」か「4+3」で1小節になります。 5拍子と比べ曲数は少なめとはいえ、面白い曲が結構見つかります。 最初に弾いた7拍子はこの曲。 ロバート・D・ヴァンドール/「月の環」 ★楽譜はこちらに収録 メイン主題が「4+3」、中間部分が「3+4」で、7拍子の練習に最適。 それ以外に特に…

続きを読むread more

5拍子~混合拍子を弾く【1】

5拍子、お好きですか? 歌ったり演奏したことがありますか? 楽典では、異なる種類の拍子が連続的につなぎ合わされてできた拍子を混合拍子と言い、5拍子もその仲間です。 つまり5拍子は、「3+2」や「2+3」でできてるんですね。 一方だけで書かれている曲もあるし、曲中で混在していることもあります。 米国のピアノ教育では、時代・形式…

続きを読むread more

森の水車~思い出したぞ階名入りの歌(2)

昭和の流行歌についてあれこれ考えていたら、ファミレドシドレミファ~♪という階名が歌詞に織り込まれている森の水車(作詞:清水みのる 作曲:米山正夫)を思い出しました。 昭和17年に女優・高峰秀子の歌でレコード発売されましたが、曲調が英米的で時局にそぐわないと発禁処分になってしまいました。荒井恵子のラジオ歌謡や、並木路子のレコ…

続きを読むread more

すかんぽの咲くころ~思い出したぞ階名入りの歌(1)

前回紹介した「J-POP進化論」を読んでいたら、昭和の流行歌&歌謡曲に関する資料が欲しくなり、そういえば実家にそんな本があったはずだ…と思い、父から何冊か借りてきました。 その中に、日本人の心に残る名曲をたくさん残した、中山晋平と山田耕筰の出版楽譜の表紙(竹久夢二などのイラスト入り)がカラー写真で載っていて、何気に見ていたら ────…

続きを読むread more

変則開始の不思議な旋律~中田喜直「朝のさんぽ」

階名で古今東西の(調性音楽の)旋律を斬ってみると、長調の場合ド・ミ・ソのいずれかで始まる曲が大半だと、以前こちらの記事に書きました。 短調の場合はラ・ド・ミのいずれかがそれに相当します。 それ以外の階名で始まるものを、私は勝手に変則開始と呼んでいますが、このところそのような曲を探すのに凝っています(笑)。 その気になって探せば…

続きを読むread more

「固定ド」ピアノ曲~《ファのおはなし》by 三善晃

タイトルに階名(移動ド)が入ってるピアノ曲があるなら、当然?「固定ド」曲もあるはずだ…と探したら簡単に見つかりました。 かつて「固定ド」推進の首謀者(失礼!)だった三善晃さんの、子供のためのピアノ曲集《音の森》(1978)から「ファのおはなし」です。 さあ何がファなんでしょうか、聴いてお確かめください。 主題の中に、何…

続きを読むread more

階名がタイトルのピアノ曲を発見!?

なんと!タイトルに階名が使われているピアノ曲を見つけました。 その名もラグタイム ド-シ-ドです。 さっそく弾いてみましたのでどうぞ♪♪♪ 階名の知識がある人なら、タイトルの「ド-シ-ド」が何を意味しているかすぐに分かりますね? そうです、階名では隣り合ったシとドの音程は半音(短2度)、曲中何度も出てくる「半音下がっ…

続きを読むread more

ピアノ科出身の先生、モゴモゴ…の謎

押入れの中から、高校生の時使っていた音楽の教科書が出てきました。 教育芸術社「高校用音楽2」 ─── 昭和49年発行(トシがバレる!)。 なんと!「ソルフェージュ」のページに階名が振ってありました。 この他、同じくコンコーネ50番のヘ長調曲にも階名がありましたが、調号が2つ以上の曲には何も書いてませんでした。 あまり…

続きを読むread more

階名でおなじみの旋律を斬る!

階名で音楽を考察してみると分かる、面白い例を紹介しましょう。 誰でも知っている有名な旋律(長調)の冒頭部分を、階名で表してみます。 (実際これらの曲は原調もさまざま、移調して歌われることも多いですが、階名を使うと調に関係なく同じモノサシで比較できるのがミソです) ・ドーシラソーーファミーレードーー  【もろびとこぞりて】 ・…

続きを読むread more

絶対音感、相対音感、大体音感!?

こちらのあなたの音感は何型か?を参考にして、オリジナルの旋律で問題を作ってみました。 どんな風に聴こえるか、試してみてください。 A. レミレドシラシソラシー ラドシレドラソー♪と聴こえる。 B. レミレドシラ…♪かな?と思うが、あまり自信がない。 C. ソラソファミレミドレミー レファミソファレドー♪と聴こえる。 …

続きを読むread more

私が「階名」と「音名」に別の言葉を使うようになったきっかけ

大昔の話です(笑)。 小学校6年生の春にピアノを買ってもらい、しばらくしてNHK教育テレビ(今のEテレ)に「ピアノのおけいこ」なる番組があるのを知りました。 私はピアノを習っておらず、さっそくテキストを買って熱心に見ていました。 秋になるとそれまでの男の先生から井内澄子先生に替わり、今でいう「4期学習」的に曲が並べられたテキストの…

続きを読むread more

瀕死寸前の「階名」と、「固定ド」「移動ド」という言葉の氾濫

いきなりクイズです。下の赤丸で囲んだ音の階名は何でしょう? 回答は4択です↓ 答えは記事の終わりの方に。 【1】シ  【2】シのフラット  【3】変ロ  【4】その他(具体的に) 私は以前から、ネットで時おり目にする「固定ド」「移動ド」(「唱法」や「読み」という語が後につくことも)なる妙な表現を、不思議に思っていました…

続きを読むread more

旋法の曲を弾いてみる~ドリア旋法

旋法シリーズ、続いてはドリア旋法(第1旋法)です。 その名もドリアン・タランテラ(ロバート・D・ヴァンドール)、こちらのリディアン・ノクターン同様、元々は旋法を体験する初級者向け曲集に載っていたもののようで、調号なし、臨時記号なしで書かれています。 ★楽譜はこちらの曲集に収録 ドリア旋法はピアノなら、ハ長調の「レ・ミ・…

続きを読むread more

大草原のミクソリディア旋法

こちらのリディア旋法に続いて、教会旋法の曲を弾いてみるシリーズ、今回はミクソリディア旋法(第7旋法)です。 特に旋法利用を思わせる標題は付いていませんが、何気に楽譜を見ていたら「あ!ミクソリディアだ!」と気づいたので弾いてみました。 ◆ロシェロール「大草原の歌」…中間のロ短調(虹の写真が出る部分)以外がミクソリディア旋法 …

続きを読むread more

教会奏楽用、讃美歌のピアノ編曲

アマゾンで米国出版社のピアノ楽譜を物色しているうち、讃美歌のピアノ編曲集が大量に出ていることに気づきました。 当初、キリスト教圏だから家庭で愛奏されているのかな?と思ったのですが、そうではなく教会の礼拝で奏楽奉仕しているアマチュア・ピアニスト向けに、非常に実用的な意図で出版されているのでした。 教会──とくれば「オルガニスト」と…

続きを読むread more

旋法の曲を弾いてみる~リディア旋法

現代アメリカの教育作品を色々弾いているうちに、通常の長調でも短調でもない音階を使っている曲が、ごく当たり前に存在することに気づきました。 全音音階以外で目立つのは、何らかの旋法(主として教会旋法とその変形)を利用したものです。 これはジャズやロックなど、現代ポピュラー音楽では良くあることで、アメリカ教育作品もそれらの影響を受けており…

続きを読むread more

壁を超えて~バイエル終盤の名曲達

前回に引き続き「バイエル名曲集~その2」です。 ──── 各曲のミニ解説 ──── 【88番】可愛らしい付点リズムの主題と華やかな音階パッセージで、発表会にも使えそうな名曲。 【91番】シンプルな主題ゆえ短調の美しさが際立つ。中間部分で長調になるのは60番と似ている。 【93番】バイエルの短調曲ではこれが一番の名曲じ…

続きを読むread more

懐かしい!?バイエル名曲集~その1

バイエル名曲集(その1)を作ってみました。↓↓↓ (59, 60, 66, 73, 74, 80, 82 番です) 現在はアメリカ系や国産の良いピアノ入門教本やメソッドがたくさんあるので、ピアノを習い始める生徒に、当然のこととしてバイエルを与える先生は少ないようです。 特に前半は陳腐な曲が多くレッスンが退屈、ヘ音記号の…

続きを読むread more

あの勇壮なロシアの歌が!~田村虎蔵編・検定唱歌集・高等科用より

大正15年発行の唱歌集から、面白ネタを続けます。 さて舞姫と題されたこのロシア民歌、楽譜を見て何の曲が分かるでしょうか? 全く別の歌詞で良く知られている歌ですが…(繰り返しのある1段目がポイントです) ・ ・ ・ ・ ・ ・ はい、「エイコーラー、エイコーラー、もひとつエイコーラー」で有名な「ヴォルガの舟歌」で…

続きを読むread more

シューマンの「楽しき農夫」が!?~田村虎蔵編・検定唱歌集より

LFJに出店していた古本屋さんで購入した、大正15年発行「田村虎蔵編・検定唱歌集・高等科用」がとても興味深いので、いくつか記事にしてみます。 これは今の中学1・2年生に当たる男女生徒が、唱歌(音楽)の授業で習うべき歌の楽譜・歌詞に、指導用の解説を加えた教師向けの本です。 当時は文部省の検定に通った「唱歌」しか、学校では教えられな…

続きを読むread more

「イタリア協奏曲」謎のG#音

バッハの「半音階的幻想曲とフーガ」に続いて、「イタリア協奏曲」を調べています。 様式的には古い「半音階~」に比べて、こちらはイタリア風協奏曲のエッセンスを取り入れた新しいタイプの曲ですが、和声的には概してまとも(笑)、明るく親しみやすい曲調になっていますね。 前回同様、必要以上に均(なら)したりせず、なるべく純度の高い音律で演奏しよ…

続きを読むread more

モーツァルトが愛したミーントーン?

モーツァルトのピアノ曲(主にソナタ)の音律について調べ始めています。 実は、純正長三度の説明の後に「モーツァルトが愛したミーントーン」という小見出しがあり、その項を読むと「モーツァルトはミーントーンで作曲した」(←ということは、ミーントーンで良好に演奏できる、ですよね?)としか解釈できない本が普通に売らています。 内容も価格も一般向…

続きを読むread more

長三度・五度~和音の波形

今、波形がマイブーム!? (もっと色気のあるものにハマったらどうだ、と自分でも思いますが・・・笑) リクエストもいただいたので、中央のドを挟むGBD和音で、色々な音程の波形を調べてみました。 ピアノのような減衰音だと比較しにくいので、持続音でビブラートやトレモロがかかっていない、プレーンな楽器音を選びました。 波形図は、Soun…

続きを読むread more

ヘンデルとミーントーンって俗説?

さて少し前から、海外の英語サイト中心に、ヘンデルとミーントーン(中全音律)の関連や、その手の文献に言及した記述がないか、検索して調べています。 ところが・・・ 現時点でWikipedia日本語版の中全音律の項では、ヘンデルが(異名異音のミーントーンを使っていたために)分割鍵盤の楽器を所有していた云々・・・となっています(ただし出…

続きを読むread more

メロディーから楽譜を検索♪やってみた

いつも曲の打ち込みや動画制作で、楽譜のお世話になっている、IMSLP(ペトルッチ楽譜ライブラリー)に最近、メロディーから楽譜を探す検索方法が登場しました。 作曲者名や曲名が分からなくても、うろ覚え?のメロディーから楽譜が探せるツールです。 <方法> 1.まずIMSLPのメインページから、左サイドバー「楽譜を探す」の「メロデ…

続きを読むread more

イ長調でコケている曲達

ベートーヴェンのピアノソナタとキルンベルガー第2法(以下「II」)の適合性を調べてきて、彼が音律の特性を熟知した上で作品を書いていることが分かりました。 ここで重要なのは、ベートーヴェンが同時代や後の音楽家に与えた影響が非常に大きいことです。 例えば19世紀のピアノ音楽作曲家で、彼のピアノソナタを勉強しなかった人はいないでしょう…

続きを読むread more

「熱情」で使う音律は?

ベートーヴェンのピアノソナタとキルンベルガー第2法(以下「II」)の適合検証、1番が良好だった時点でハ短調の「悲愴」は行けそうだと思いましたが、嬰ハ短調「月光」は心配でした。 しかし以前にも増して「II」の使いこなし度がアップしたベートーヴェンの手腕と、響きの美しさに驚くことになります。 そして三大ソナタの残る1曲「熱情」は、1番と…

続きを読むread more

なぜ1番がヘ短調なのか?

ベートーヴェンのピアノソナタ第1番がフラット4つのヘ短調という、古典派であまり使われない調なのは有名な話です。 普通はハ長調とか、もう少し調号の少ない調で書きますよね? これをもって「意欲的」とか、早くもベートーヴェンの個性が云々・・・と、色々な解説で読みました。 しかし、彼のピアノがキルンベルガー第2法で調律されていたとすると、…

続きを読むread more

「乙女の祈り」はなぜ変ホ長調なのか?

ベートーヴェン御用達の音律、キルンベルガー第2法による「エリーゼのために」の次は、バダジェフスカ「乙女の祈り」を出さないわけに行きませんね。(笑) 序奏をカット、主題と最初の変奏&コーダのみの短縮版ですが、平均律の方をちょっと確認してから、キルンベルガー第2法による演奏をお聴き下さい。 平均律 キルンベルガー第2法(以下「…

続きを読むread more

ベートーヴェンが愛した音律

お久しぶりです・・・実はベートーヴェンのピアノソナタを古典音律で鳴らす実験をしていて、クラシック音楽の常識が根底からくつがえる驚愕の事実(「事実」と私は確信しています)を発見し、そのウラを取ったり関連の検証に熱中して、更新できませんでした。 この過程は、kotenさんのブログ「ミーントーン大好き!」のコメント欄に書かせていただいたので…

続きを読むread more