テーマ:ヘンデル雑感

花より団子?ラ・フォル・ジュルネ

古楽の公演はほとんど無いですが、今年もラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日音楽祭」に行って来ました。 4日1時半頃の様子です。 ↓ 今年は2日と4日に、それぞれ2公演ずつ。 (公演番号 123、 166、 322、 326) どれも音楽的には「まあこんなものかな」的印象でした。 生でピアノを聴くなら、単なる楽器の音を超えた何…

続きを読むread more

10年後、ヘンデルで失神!?

以前紹介した、ツェンチッチのヘンデル・アリア集が素晴らしくて、ずっと暇さえあれば聴きながらあれこれ考えているのですが・・・ 今までカウンターテナーって、普通の男声・女声の歌手と比べて「中性的」な面や「第三の声種」みたいな点がウリだったと思うわけです。 例えば、男臭さ全開の19世紀オペラ系テノールに対して、カウンターテナーは適度に…

続きを読むread more

ハープ協奏曲が・・・!

8月にこちらの記事で、バロック・ハープ奏者として、マーラ・ガラッシが好きなんだけど・・・と、暗にヘンデルのハープ協奏曲(HWV 294)を録音してくれないかなぁ・・・みたいなことを書いたのですが、ほんとに彼女のCDが出ると分かりました! HMVの紹介記事がこちらに バロック・ハープ(二弦列のダブル・ハープと、三弦列のトリプル・ハ…

続きを読むread more

オンブラ・マイ・フをイタリア人が歌うと?

イタリアのバス・バリトン、ダルカンジェロのヘンデル・アリア集で、「オンブラ・マイ・フ」(Ombra mai fù)が、さすがネイティブ!の歌唱&演奏だと書きました。 オケもイタリア語で演奏してる・・・って、一体どういうこと?と思う方もいると思うので、説明します。 まずこの曲の歌詞、最初の2行はこうなっています。 赤い…

続きを読むread more

メサイアはコケたが・・・ラ・フォル・ジュルネ

東京丸の内の東京国際フォーラムで5月3日~5日に開催された、ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日音楽祭」に、4日と5日行って来ました。 「バッハとヨーロッパ」がテーマの今年、ホールA(5004席)とホールC(1490席)では、連日バッハの「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「ロ短調ミサ」の大曲が、プログラムに組まれていました。 それに混じ…

続きを読むread more

音楽室/第二の男♪

何故か学校の音楽室にズラリバン!と貼ってある、作曲家の肖像画。 実は一種の「教材」として、まとめて販売されているんです。 例えばこういう商品 ↓↓↓ http://www.kyogei.co.jp/publication/syohin/portrait.html 上記の商品では、「基本セット」と「オプションセット」があり…

続きを読むread more

ヘンデルは何オペラ?

先日書店で、三省堂の「オペラ・ハンドブック」の改訂版が出ていたので、中をパラパラとめくってみました。 オペラの基礎知識から、歌手の紹介、名作の解説まで、とりあえずこれ1冊でオペラに関して一通りのことがわかる、便利な本です。 オペラ・ハンドブック三省堂 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ただ、他のオペラ本でも同…

続きを読むread more

「メサイア」以外は駄作なのか?

ヘンデルは20余のオラトリオを作曲しています。 しかしその中で「メサイア」だけが圧倒的に有名で、他の作品はかなりクラシック音楽を聴いている人でも、題名さえ知らないか、良くて「ちょっと聴いたことがある」程度なのが普通です。 この事実をもって「メサイア以外は駄作なのでは?」と思う人がいても当然でしょう。 しかし実際は、全くそうではあり…

続きを読むread more

表彰式のヘンデル

昨日競馬の有馬記念をテレビで見ていたら、レース後の表彰式でおなじみの旋律「ソーミーファソードー、レミファソファーミーレー♪」が流れていました。 御存じの方もいると思いますが、この有名な「表彰式の音楽」は、ヘンデルのオラトリオ「ユダス・マカベウス」の第3部、「見よ、勇者は帰る」(See, the conqu'ring hero come…

続きを読むread more

ヘンデルの不運?

2009年はヘンデルの没後250年に当たるので、こういうブログをやっていますが・・・。 実は(御存知の方も多いと思いますが)、2009年は「ハイドン没後200年」「メンデルスゾーン生誕200年」でもあります。 この種のメモリアル・イヤー、「生誕」と「没後」では「生誕」が(ランク的に)上、50年単位と100年単位では100年単位の…

続きを読むread more