テーマ:ヘンデルのCD・DVD

コジェナーのヘンデルはビミョ~?

ヴィヴァルディと順序が逆になってしまいましたが・・・コジェナー(MS)の、ヘンデル・アリア集の紹介です。 もうだいぶ前に出たCDなので、すでに聴いている方も多いと思いますが・・・。 Ah! Mio Cor: Handel AriasArchiv Produktion 2008-04-22 Amazonアソシエイト by ウェブリ…

続きを読むread more

「オットーネ」キング盤

ヘンデルのオペラ「オットーネ」(Ottone)、現在新品で入手できるCDは、ロバート・キング指揮のキングズ・コンソート盤だけのようです。 (何故か?Amazonの画像貼り付けソースが表示されないので、画像なしです) HMVの情報ページはこちら 東京の浜離宮朝日ホールのこけら落とし公演や、大阪いずみホールでの上演を踏まえ…

続きを読むread more

ジョージ2世の戴冠式アンセム

ヘンデルと言えば、やっぱりオメデタイ系の派手な合唱曲だ~~~♪という方に、「ジョージ2世の戴冠式アンセム」のCDを紹介します。 演奏は、ハリー・クリストファーズ指揮の、ザ・シックスティーンです。 Handel: Coronation AnthemsCoro 2009-02-10 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ …

続きを読むread more

リナルド~ヤーコプス盤

2002年録音の、「リナルド」(Rinaldo)ルネ・ヤーコプス盤(以下 J 盤)は、ホグウッド盤(以下 H 盤)が素うどんだとすると、掻き揚げ・エビ天・卵が乗り、小鉢やデザートも付いた天玉うどんスペシャルセットのような、音楽的演出に工夫が凝らされた演奏です。 Haendel: RinaldoHarmonia Mundi 2003…

続きを読むread more

リナルド~ホグウッド盤

ヘンデルのオペラ「リナルド」(Rinaldo)、全曲盤を2種持っているので、比べながら順に紹介したいと思います。 まずはちょうど10年前、1999年に録音された、クリストファー・ホグウッド指揮のDECCA盤です。 RinaldoDecca 2000-10-10 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ HMVの情報ぺ…

続きを読むread more

珍しいバスのアリア集

ヘンデルの声楽曲、特にオペラでは、バスやバリトンなどの男性の日常的な声域は、悪役や脇役で登場することがほとんどです。 そういうわけで通常「ヘンデル・アリア集」といえば、女声の音域のものがほとんどですが、珍しく「バスのためのアリア集」が出たので、聴いてみました。 歌っているのは、ヴェネツィア出身のロレンツォ・レガッツォです。 H…

続きを読むread more

豪華絢爛「ソロモン」~ロイス盤

ヘンデルのオラトリオ「ソロモン」(Solomon)、私が聴いているのはダニエル・ロイス指揮のHMF盤です。 Haendel: SolomonHarmonia Mundi 2007-11-13 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ HMVの情報ページはこちら マクヴィカー演出のジュリオ・チェーザレのDVDで、チ…

続きを読むread more

偽作も一緒のヴァイオリン・ソナタ

声楽以外のヘンデルの作品で、一番好きな曲は何か?と聞かれたら、何と答えますか? 私だったらたぶん、ニ長調のヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ HWV371(作品1の13)と答えると思います。 いつ頃この曲の存在を知ったのか、良く覚えていません。 子供時代に、自分でレコードをかけて聴いた記憶もないし。 たぶんテレビで、ヴァイ…

続きを読むread more

ケルメスのヘンデル・アリア集

ドイツのソプラノ、シモーネ・ケルメスが、ヘンデル没後250年を祝って、オペラ・アリア集を録音しています。 当時の人気歌手、クッツォーニのレパートリーを、まとめて聴くことができます。 La Dica: Arias for Cuzzoni by Georg Friedrich H?ndelBerlin Classics 2009-0…

続きを読むread more

オラトリオ「サウル」~ヤーコプス盤

ヘンデルのオラトリオ「サウル」(Saul)、私が愛聴しているのは、ルネ・ヤーコプス指揮のHMF盤です。 Haendel: SaulHarmonia Mundi 2005-10-11 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ HMVの情報ページはこちら 「メサイア」とセットのお得な商品はこちら ポール・マクリーシ…

続きを読むread more

キルヒシュラーガーのヘンデル・アリア集

オーストリアのメゾ・ソプラノ、アンゲリカ・キルヒシュラーガーのヘンデル・アリア集を紹介します。 清潔感のある澄んだ声と、丁寧な歌い方は、ヘンデルの「模範歌唱」と言ってもいいでしょう。 国内盤も出ていますので、ヘンデル声楽曲初心者の方にも、向いていると思います。 ヘンデル:アリアソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2…

続きを読むread more

パドモアのヘンデル/テノールアリア集

「テノールのためのアリアと場面」と副題の付いた、マーク・パドモアのヘンデル・アリア集を聴いてみました。 選曲・歌唱共に、ボストリッジやヴィラゾンのヘンデル・アリア集と比べると、なかなか興味深いです。 As Steals the Morn: Handel Arias & Scenes for TenorHarmonia M…

続きを読むread more

アリア集にも色々ある

ヘンデルのオペラ/オラトリオから名曲を選りすぐった、アリア集のCDがたくさん出ています。 いきなり全曲盤を買って聴くのは、何となくおっくう&お金もかかる(笑)ので、手軽にヘンデルの歌モノを楽しむには、この種のアリア集が最適かと思います。 ここでは、1人の歌手が歌ったヘンデル・アリア集(レコード会社が過去の録音から編集した、複数の…

続きを読むread more

本日、ヘンデルの命日♪

今日4月14日は、ヘンデルの命日です。 没後250年!とかいって騒いでいる(笑)ので、誕生日よりは命日の方が大事なわけですが、命日おめでとう!とか言うのも変だし、記事を書きにくいですね。 (^ ^;) さてメモリアルイヤーには、レコード会社・CDショップなども、あやかって儲けようと、なかなか商魂たくましいところを見せています。 …

続きを読むread more

カーティスの「アルチーナ」全曲盤

ヘンデルの魔法オペラの代表作「アルチーナ」(Alcina)の全曲盤を、アラン・カーティス指揮で聴いてみました。 George Frideric Handel: AlcinaArchiv Produktion 2009-04-14 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ HMVの情報ページはこちら 魔女アルチーナ…

続きを読むread more

ボストリッジのヘンデル・アリア集

「歌曲の人」というイメージが強いイギリスのテノール、イアン・ボストリッジがヘンデルのアリア集を録音しています。 3月に発売された、ロランド・ビラゾンのヘンデル・アリア集と、4曲ダブっています。 比べながら聴いてみました。 オンブラ・マイ・フ~グレイト・ヘンデル・アルバムEMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2008-0…

続きを読むread more

バルトリの「セメレ」オペラ版DVD

ヘンデル存命時は演奏会形式で聴かれていた作品でも、現在ではオペラのように舞台や所作を付けて上演されることがあります。 神話を題材にした英語の音楽劇「セメレ」(Semele)のDVDを見てみました。 カーセン演出、クリスティ&チューリヒ歌劇場のプロダクション、タイトル役はチェチーリア・バルトリです。 ヘンデル:歌劇《セメレ》 […

続きを読むread more

「ファラモンド」聴いてみた♪

主要な役に、カウンターテナーが3人起用されていることで話題になっている、ヘンデルのオペラ「ファラモンド」(Faramondo)、聴いてみました♪ 歌&演奏そして曲、予想以上の出来で、嬉しい誤算!?です。 George Frideric Handel: FaramondoVirgin Classics 2009-01-16 A…

続きを読むread more

ヴィラゾン、本気のヘンデル

19世紀のオペラで人気のテノール、ロランド・ヴィラゾンのヘンデル・アリア集、「何で突然こんなのが!?」「これって実際ど~なの?」と気にしてる方も多いでしょう。 海外盤で聴いてみました♪ Arias (W/DVD) (Ltd) (DLX) (SPKG)Deutsche Grammophon 2009-03-31 Rolando …

続きを読むread more

ヘンデルもビックリ?の「合奏協奏曲作品6」

1739年、ヘンデル54歳の時に書かれた「合奏協奏曲 作品6」(全12曲)は、わずか1ヶ月の間に集中して作曲されました。 ヘンデルの器楽作品としては、最もまとまり良く密度も高いこの作品集に、ジョバンニ・アントニーニ率いるイタリアの古楽アンサンブル、イル・ジャルディーノ・アルモニコ(以下IGA)が挑戦しています。 12 Conce…

続きを読むread more

ドレスデン音楽祭の「セルセ」DVD

現在では人気のヘンデル・オペラ「セルセ」は、ミヒャエル・ハンペ演出&クリストフ・ルセ指揮の、2000年ドレスデン音楽祭におけるライブが、日本語字幕付きDVDで出ています。 ヘンデル 歌劇《セルセ》 [DVD]TDKコア 2005-09-22 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ HMVの情報ページはこちら 歌…

続きを読むread more

レチタティーヴォも150円でバラ売り!?

主要な役に、カウンタテナーが3人起用されているので話題になっている、ヘンデルのオペラ「ファラモンド」(Faramondo)の全曲盤が出ています。 Handel - FaramondoVirgin Classics 2009-01-16 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ このCD買うつもりなんですが、まだ買って聴…

続きを読むread more

微妙な?カサロヴァのアリア集

去年の末に海外盤で買った、ブルガリアの大メゾ・ソプラノ、ヴェッセリーナ・カサロヴァのヘンデル:オペラ・アリア集、実はあまり良くなくて「これは記事にするのやめておこう」と思っていました。 ですが昨日(2月12日)の朝日新聞夕刊、for your CollectionというクラシックCD紹介コーナーに、(国内盤が)「推薦盤」としてあげられ…

続きを読むread more

愛の二重唱はやっぱり男と女

ヘンデルのオペラから、愛の二重唱をセレクトしたCDを紹介します。 スペインのソプラノ、ヌリア・リアルと、アメリカのカウンターテナー、ローレンス・ザッツォが、息のあった歌唱で魅了します。 ヘンデル:愛の二重唱集BMG JAPAN 2008-09-24 ザッツォ(ローレンス) リアル(ヌリア) Amazonアソシエイト by ウェブ…

続きを読むread more

清く正しい「セメレ」?

ヘンデルの音楽劇「セメレ」(Semele)、今回は全曲盤のCDを紹介します。 古楽器オケによる初の全曲録音という触れ込みで、指揮はクリスチャン・カーニン、セメレを歌うのはローズマリー・ジョシュア(S)です。 Handel: SemeleChaconne (Chandos Records) 2008-01-15 Amazonアソシ…

続きを読むread more

伴奏抜群のヘンデルアリア&カンタータ集

少し前の録音ですが、愛聴しているヘンデルのアリア&カンタータ集を紹介します。 スペインのソプラノ、マリア・バヨと、スキップ・センペ指揮カプリッチョ・ストラヴァガンテのCDです。 ヘンデル;オペラ・アリアとカンタータ集 [Import from France] (Haendel: Maria Bayo、Opera Arias &a…

続きを読むread more

グラインドボーン音楽祭のジュリオ・チェーザレ

初めてヘンデルのオペラを観る&聴くなら、何をおいてもまずコレ!というDVDを紹介します。 2005年のグラインドボーン音楽祭の「ジュリオ・チェーザレ」です。 ヘンデル:歌劇「ジュリオ・チェーザレ」グラインドボーン音楽祭2005年 [DVD]クリエイティヴ・コア 2008-11-19 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ…

続きを読むread more

ヘンデル鍵盤曲集~ジークベルト・ランペ

ヘンデルの鍵盤(クラヴィーア)作品では、「調子の良い鍛冶屋」が一般に有名ですが、もちろん他にも素晴らしい曲がたくさんあります。 ドイツの鍵盤楽器奏者ジークベルト・ランペは、独自の研究に基づく新鮮な解釈と重厚な芸風で、私が大好きなアーティストですが、その彼が何と!ヘンデルを録音してくれたのがこのCDです。 Handel: Keyb…

続きを読むread more

Dixit Dominus~主は我が主に言われた

ヘンデルは20代の前半に、イタリアで音楽の勉強をしました。 イタリアはカトリックですから、当地でヘンデルもラテン語の宗教曲を作曲しています。 その中から、ヘンデル若き日の代表作、Dixit Dominus「主は我が主に言われた」を紹介しましょう。 旧約聖書の詩編第109番(←これはカトリックの数え方で、日本聖書協会の新共同訳で…

続きを読むread more