まとめ【階名唱で和声的・旋律的短音階】

では今までのまとめとして、ベートーヴェンが編曲したウェールズとスコットランドの民謡を視唱してみましょう。
今までのことが身についていれば、階名で音取りできるはずです。
自力で歌ってみてから、音源で答え合わせをしてください。
(今回の楽譜は原譜通りの調で、音域的にやや高いかもしれませんが、視唱の際は都合の良い音高で歌って構いません)
旋律を歌いながら、和声も何となくイメージできますね?
どちらの曲も短調ながら、途中で少しだけ長調的になる部分がミソです。
その後で、ベートーヴェンが付けた伴奏で歌っている音源を聴くと面白いですよ。

【1】26のウェールズの歌 WoO.155 15番「人びとみな眠りにつけば」
音符がズラズラ続く部分、ブレス記号で息継ぎしましょう。
人々みな眠りにつけば.PNG



【2】12の各国の歌 WoO.157 3番「私の恋人チャーリー」
リズムが少々難しいかも…各音符&休符が16分音符何個分になるかよく数えながら、最初はゆっくり歌ってみてください。覚えたらテンポを上げて元気に!
私の恋人チャーリー.PNG
★ゆっくり(クワイア音)

★速く(ピアノ音)

ベートーヴェンはこの曲を3重唱に編曲しました。エンディングも少々ビックリです!
◆この演奏では感嘆詞「O」が付く冒頭の弱起が、イマイチ聴こえませんが…


こんな演奏もありました。ずっとフォークソング的なサウンドとノリです。


どうでしたか? どこまで自力で音楽がイメージできましたか?
多少間違ってしまった方も、階名経験を積んで行けばどんどん要領が良くなりますから、楽譜を見たらまず視唱!を心がけてみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント