ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019 〜今年も楽しかった♪

<<   作成日時 : 2019/05/07 20:36  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

前半は天候がパッとしなかった大型10連休も、ラ・フォル・ジュルネ開催の5月3〜5日には初夏らしい陽気となりました。
今年聴いたのは以下の4公演。(【】内は公演番号)

【125】「さすらいの音楽」シルバ・オクテット(クレズマー&ロマ音楽アンサンブル)、アレクセイ・ビリュコフ(バラライカ)
【158】「フランソワ・クープランが聴いた音楽」スキップ・センペ(チェンバロ)
【333】「地中海のポリフォニー」タバーニャ(コルシカの男声声楽アンサンブル)
【315】ガーシュイン「ラプソディー・イン・ブルー」、ラヴェル「ピアノ協奏曲 ト長調」小曽根真、フランク・ブラレイ(ピアノ)、ミハイル・ゲルツ指揮シンフォニア・ヴァルソヴィア


ここ5年ほどの経験から、チケットを申し込む時「抽選にハズレにくいよう」「普段あまり聴かないものの方が面白い」に加え、「なるべく違う会場で」「声楽・器楽・編成の大小などバランス良く」等考えて決めたところ、全て希望が通った結果です。
(抽選でハズレ無しだったのは、今回初めてだったかも)
今年のテーマ「ボヤージュ 旅から生まれた音楽」を反映してか、プログラムは民族音楽系が目立ち、私も4公演のうち【125】【333】がそれでした。

【125】はバラライカを「生で」聴きたい…と思い選んだのに、PAだったのが少々残念でした。 去年もそうでしたが、LFJのホールB7公演はPA使用が常態化してるのかもしれません。(そうでないと後方席は辛いかも)
私は前から3列目で、生音とPAが混じったような音でした。
バラライカとツィンバロン以外は、ヴァイオリン、チェロ、クラリネット、ピアノなどフツーのクラシック楽器で、曲は民族音楽でもサウンドはクラシック寄りでしたね。
期待と少々違ってはいましたが、演奏はノリノリの楽しいもので、終わり近くでメリー・ホプキンや森山良子の歌で昔ヒットした「悲しき天使」の旋律が出てきたのには驚きました。場内にも「あ!?」と思った人が年配者を中心に、多かったのではないでしょうか。

「カルト・ブランシュ(シェフのおまかせメニュー)」で、事前に一切曲目発表がなかった【158】は、フランス17世紀モノを調性で3つのグループにまとめたプログラムでした。
ホールD7の公演は久々で、以前は高さ数十センチのステージを設営し、その上で演奏していたと記憶していますが、今回はステージがなく床に直接チェンバロが置いてあってビックリ!
しかも私は最前列で、低音がジャラ〜ンとかき鳴らされると、スニーカーの厚い靴底を介してでも、ほんのわずかですが振動が伝わってるように感じました。
渋い印象の曲が多い中、最後は華やかなシャコンヌで締め、満足満足♪

【333】も最前列、しかもど真ん中!で聴けました。
黒服で登場した9人の男性メンバーは皆さん体格が良く、地声?発生も土臭くて迫力満点でした。
曲も独特で、日本の常磐津から三味線を除いて、三度でハモったらこんな感じになりますかね(笑)?
「ポリフォニー」と謳っている割には、ホモフォニックな曲が多かったと思います。

【315】は曲や演奏者の取り合わせがLFJならではで、人気の小曽根さん効果か(私はブラレイ氏が目当てでしたが)、5,008席のホールAはほぼ満員!
ガーシュインとラヴェルは1928年にニューヨークで会っており、ラヴェルのピアノ協奏曲は彼が米国訪問からフランスに戻った1931年に作曲されています。
この2曲を続けて聴くと「どことなく似ている」、つまりラヴェルがジャズの要素を取り入れつつピアノ協奏曲を書いたことが良く分かります。
この曲は「フツーのクラシック耳」より「ジャズ耳」で聴いた方が分かり良く、魅力的かもしれません。こそれは私にとっても発見でした。
当公演を選んだ人が皆楽しみにしていたと思われる「ラプソディ〜」での小曽根さんの即興は、何と!ピアノだけでなくオケからトランペットとホルン奏者が前に出てきて3人の掛け合いという、大サービス付きでした。これもLFJならではの趣向でしょうか。

今年は公演を聴き終えたら割とすぐ会場を離れ、周辺の書店や博物館に寄ったり、日比谷公園、皇居前広場&二重橋などの散策を楽しみました。特に5日は夏を思わせる好天で、屋外はどこも人で一杯でした。
2005年に丸の内にLFJが上陸してから数年間は、会場から一歩外へ出ると周辺は皆「休み」で、人影も少なく閑散としていたのが嘘のようです。
変われば変わるものですね…ということで、来年もまた期待しています♪

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
連休といえばLFJというのが定着していますね。
過去にも何度か記事を拝見しました。
私は生で聞いたことがありません。以前はFMでやっていて聴きましたが。
Enrique
URL
2019/05/08 05:48
Enriqueさん、コメントありがとうございます。

>連休といえばLFJ
そうですね。第1回目から皆勤賞!です。
出不精なので、音楽に釣られて運動がてら外出しているという感じですが(笑)。
NHK-FMの中継は、近年やらなくなりましたね。私も会場に行かない日に放送があれば、家で楽しく聴いていたのに残念です。
この音楽祭の影響(ばかりではないですが)で、丸の内周辺がGWの「絶好のお出かけスポット」となり何年か経ちました。もし機会があれば、ぜひお越しください。
REIKO
2019/05/08 15:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019 〜今年も楽しかった♪ ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる