ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 【序の1】ピアノ「固定ド奏」からの脱却〜ドレミの解放に向けて

<<   作成日時 : 2018/11/08 21:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

階名用に考えられたドレミを、音名のように使う「固定ド」教育について苦言を呈すると、ありがちな反論に「器楽指導に必要」というのがあります。特にピアノは「固定ド」じゃないと教えられないとか何とか。
最初私は、その意味が全く分かりませんでした。(子供の時からピアノ弾いてるけど、ドレミなんて一度も使ったことがないのに…)

「固定ド」を使った楽器演奏である固定ド奏を定義すると、こうなります。
1.楽器操作とドレミを関連付けておく
2.楽譜の音符を逐一ドレミに直す
3.1と2を併用して、楽譜を演奏する

 ◆上記ドレミはいずれも「固定ド」
 ★こちらの「固定ド」教育に関する考察記事もご参考に

これがピアノでは具体的にどうなるのか、まとめてみました。
どうもこんな感じらしいです↓↓(譜例はブルグミュラー《無邪気》)


まず「固定ド」なので、五線上の音符位置から自動的にドレミが決まります。
これは音楽的能力とは全く関係のない、単純な変換作業ですから、子供なら年齢相応に、大人なら理解するのは容易です。(あとは変換速度だけの問題)
練習前に下見してある程度覚えておくか、逐一変換しながら弾きます。
(楽譜にカナ振りすると、習っている人なら先生に「音符を読む力がつかないから書くのはダメ」と怒られるのが普通)

「固定ド」教育ではハニホ音名をほとんど教えない(習っても「使わない」からピンと来ない)ため、調号が♭1個はヘ長調かニ短調…などの調名は、先生はともかく学習者側ではどうでもよく(調名が形骸化)、その代わり♭1個なら「シ」に、2個なら「シとミ」、3個なら「シ、ミ、ラ」が♭(半音下がる)などと覚えます。
♯も同様に、調号の個数によって半音上がる音を覚えますが、「何故そうなるのか」はあまり理解してないようです。
このようにして確定したドレミに対応する鍵盤を順に弾けば、音を並べることができます。

リズムの方は、頑張って自力で読み取る場合もあるでしょうが、昨今ではYoutubeで音源を探して耳コピになっている人も多いと思われます。
なにしろ日本では(米国とは違い)、幼児・子供の入門〜初級前半を除けば、皆が同じような教材・楽曲でピアノを習っており、音源が見つからず困るなんてことはまずないでしょう。
また主要な教材は、たいていプロ演奏のお手本CDも発売されています。
ポピュラーの編曲モノは原曲自体を既に知っているし、その曲に聴こえれば多少楽譜と違っていても構わないので、まあテキトーでも構いませんね。

練習の初期段階は「譜読み」と称して鍵盤を探しながら弾くため、視線が楽譜と手元を行ったり来たりする、手間のかかる作業となります。
または短い単位でドレミを丸暗記してから、手元だけを見て何度も弾き、手指が覚えたら次…とやる人もいるようです。
当初はゆっくりでも、練習しているうちに徐々にテンポが上がり(というか、上げなければならないのが通常)、演奏の速さが音符をドレミに直す速度を超えるようになると、もう楽譜を見ながら弾けないので暗譜が演奏の絶対条件になってきます。
注)大人・子供を問わず、「楽譜を見ながら弾けない(=暗譜で弾くしかない)」人が多数いる理由がこれ。
とにかく弾いて覚えて覚えて弾いて…練習、頑張ります!!!

まあでも人間は同じ動作を何度も繰り返していると、体に必ず定着しますから、よほど難しい曲を選んだのでもない限り、そのうち何とかカタチになるんですね。(これは本当です!)
その後しばらく弾き込めば、そこそこセンスのある演奏ができる人もいるでしょう。
さてようやく1曲仕上がりました。すぐに次の曲を決めて練習開始です。
また音符を逐一ドレミに直しながら譜読み…大変だけど、頑張ろ♪

……以上の繰り返し

大人になってからピアノを習い始めた、または子供の頃に初級程度で止めてしまいその後再開した人達の練習記録ブログや、そのコメント欄、入門ピアノ教本および大人ピアノ学習者向け指南書などを総合すると、こんな感じなんです。
で、こうしてまとめてみて、私は心底驚きました…!

「固定ド奏」って、す…スゴい!!?
楽典の知識もソルフェージュ力も、なぁ〜〜んにも要らない!
音楽のことが何も分からなくてもピアノが弾けるんだ!!
そのかわり、日本人の大好きな?「気合」と「根性」で「一生懸命頑張る」んだわ!?
こりゃあ人気?が出るのも当然〜〜!?(続く)

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【序の1】ピアノ「固定ド奏」からの脱却〜ドレミの解放に向けて ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる