ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 階名と暮らして50年!?

<<   作成日時 : 2018/06/01 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が自分で楽譜を読んでリードオルガンを弾き始めたのが小学校3年の春頃、その時すでに階名音感だったことが確実なので、そろそろ階名と暮らして50年ということになります。(年齢バレバレw)

半年ほどのカワイ音楽教室のグループレッスンを途中に挟んで、幼稚園〜小学校1年の冬まで習っていたピアノは、メトードローズやバイエルが教材でしたが、全く分からない&弾けない状態でやめてしまいました。
しかしその後2年以上経って、ある日ふと楽譜を見てみたら「何をすべきが分かった」時の驚きは今でも忘れません!
つまらない練習曲みたいなのは跳ばして、表題やイラストがついた面白そうな曲を片っ端から弾いてみると、これがスラスラ行くんですね。
もう楽しくてしょうがない♪♪♪

その頃大好きだった、メトードローズ「木ぼりの小さい兵隊さん」。


ト長調のこの曲の旋律を、私は「ミソソソ、ミソソソ♪」と階名(移動ド)で認識していた記憶が、今でもはっきりとあります。
決して「固定ド」の「シレレレ…」ではなかったです。
でもだからといって、私は楽譜を階名で読んでオルガンを弾いていたわけではなく、また当時は音名もほとんど知りませんでした。
ではどうやったか? まず弾き始めの両手の指位置を確認し、あとは楽譜のタマの上がり下がりの間隔(=音程)や指番号を頼りに、手元は見ないで弾く方法でした。(現在も基本的にそれでやっています)

今思うと独力で、全く知らない曲を正しく楽譜を読んで弾いたことに自分でも驚きますが、当時私はすでに ────
・自然な旋律の流れとはどんなものか知っている
・旋律がこうなら和声はこうだと想像がつく
・音を間違うと、音楽的に変だと耳ですぐ分かる
 ……状態でした。

ぶっちゃけ、この程度の入門ピアノ曲がどのように作られているか、音楽的に見抜けていたんですね。
だから手元の楽譜でめぼしい曲はあっと言う間に弾いてしまい、今度はバイエルの下巻とバイエル併用曲集を買ってきて、譜ヅラが好みの曲(笑)を見つけては弾いて楽しんでいました。

全く出来なかったピアノのレッスンから2年余り、この真逆の展開は何故?…ずっと謎でした。学校の音楽のおかげかとも思いましたが、通常それだけでは楽譜が読めるようにならない人が大半で、根拠に乏しいです。
この2年余の間、私がやっていたことは何か?

NHK「みんなのうた」の好きな曲を、楽譜を見ながら歌ってたんです!

当時は、切手を貼った返信用の封筒を同封してNHKに請求すると、楽譜が無料でもらえました。
母に頼んで何ヶ月分も楽譜を集め、まとめて紐で綴じて手垢!がつくまで愛用していました。
その中には以前も記事に書いた、歌詞に階名が入っている「走れ並木を」もあったと思います。
聴き覚えた歌を楽譜を見ながら歌うので、新曲視唱とは違いますが、なんちゃってソルフェージュ的な訓練効果はあったはずです。
また私は「覚えた音の高さで歌う」という感覚が子供の頃から全く無く、いつもテキトーな高さで歌い出していたため、楽譜も個々の音符の絶対位置よりも、どれくらい上がった&下がったという相対的な見方をしていました。

小学校の低学年で「歌を歌うことが好きで、きれいな声で上手に歌います」と通知表の所見欄に書かれたくらいなので、どうものべつまくなし歌っていたようです(笑)。
またその頃習った、音域から考えてハ長調ではないと思われる校歌も、文語の難しい詞で歌う前に学校で階名唱したようです。(今歌うと、階名が歌詞のように自然に出てくるため)
そんなこんなで相対音感に階名が紐付けされ、父が聴いていたクラシック音楽からテレビ番組の流行歌まで、耳に入る音楽を自然に階名で捉える力がついて、その結果「音楽の仕組みが分かる」「楽譜から音楽がイメージできる」ようになったのだと思われます。

加えて私が幸運だったのは、「固定ド」教育で階名音感を潰されなかったことと、音名と階名に違う言葉を使い区別することを教わった点です。
今あらためて振り返ると、いや〜〜〜ほんとにラッキーでした♪♪♪
もうすっかり折り返し点を過ぎた人生ですが、残りも階名と一緒に音楽生活を楽しんでいこうと思います。

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
階名と暮らして50年!? ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる