ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリア協奏曲♪今度はチェンバロで

<<   作成日時 : 2012/05/17 14:40   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

ウルフ三分割・修正ミーントーンによるバッハのイタリア協奏曲、今度は第三楽章をチェンバロ版で打ち込んでみました。
楽譜に二段鍵盤の使い分けが示されているので、その効果も再現しています。



第一楽章(ピアノ版)と、音律五度圏図はこちら

第三楽章は113小節目にA♭が三回出ますが、それ以外は全て通常のミーントーンにある音です。
このA♭音は、曲のテンポが速いこともあり、G#で代用しても許せる感じです。
しかも後半のイ短調部分ではG#がたくさん使われるので、G#優先で音の高さを決めたいところ。
このウルフ三分割ミーントーンでは、A♭・G#の兼用音はG#寄りで、好都合でした。

ところで今回、バッハの「半音階的幻想曲とフーガ」「イタリア協奏曲」を、最低限修正したミーントーンで鳴らしてみようと思い立ったのは(そう思うからにはある程度「勝算」があるわけですが)、これらが全て♭1つの調で書かれていたからです。
G#-E♭ウルフに五度・長三度ともひっかからない確率は、♭1つのヘ長調・ニ短調が最も高いようなので。
(統計取ったわけじゃありませんが、経験的にそう感じる)
なので、音律に無い音が使われていたり異名音の混用があっても、少し音を変更するだけで何とかなるかも・・・と踏んだのですね。
もし「イタリア協奏曲」の第二楽章が、平行調のニ短調でなく同名短調のヘ短調(♭4つ)だったら、(ヘ短調は音階がまともにウルフをまたぐので)無理かなあ・・・と思ったことでしょう。

さて、他にもこの音律で良好に演奏できるバッハの鍵盤曲を探してみたくなりました。
もし一夜のリサイタルが開けるくらいの曲が集まれば、本物のチェンバロで聴く事だって夢ではありません。
そしたらば何と!あの大曲ゴルトベルク変奏曲が行けそう・・・と気づいたんです!
(これだけでリサイタル開けますよ♪)

ゴルトベルク〜はト長調ですが、三つある短調の変奏が同名短調のト短調(♭2つ)で、それがこの曲の音律設定を難しくしています。
しかも第25変奏後半には、A♭・D♭・G♭・C♭・F♭がゾロゾロ出てくる箇所があり、以前はここを見て「とてもミーントーンの出番じゃない」と思っていました。
しかしすでにスカルラッティで、短調の場合は代用音だらけでもクリアできる場合があるのを知っています。
しかもこの♭音ゾロゾロの部分は、「半音階的幻想曲とフーガ」にもあって、それはこの音律で無事演奏できてるんですね。
というわけで次回からは、しばらくゴルトベルク変奏曲です。

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「イタリア協奏曲」は、全体的にほとんど問題ありませんね。
「ゴルトベルク変奏曲」は、ト長調の低音主題に基づいていますし、短調の変奏曲は3つしかないので、以前よりミーントーンで問題なく演奏出来るのではないかと思っていました。REIKOさんの検証を楽しみにしています。
ogawa_j
URL
2012/05/18 18:07
第三楽章,全く違和感無いですね。チェンバロ音というのも効いているのかも知れません。ピアノ音だと自然と平均律&オクターブ広げた音に耳がなじんでいるせいか低く感じた(クラ〜と来ました)ところがありましたが,チェンバロ音だと全くもってピッタリ感があります。どうも音色ともセットになって耳になじんでいる感があります(耳の慣れの問題でしょう)。
いやーすごいですね。今度はゴールドベルクに突入ですか。調号少ないヤツはいけますか。ミーントーンギターでシャコンヌ弾いてみましたが,ほとんど問題なさそうですね(Es-Dis兼用ですが)。
Enrique
URL
2012/05/18 22:04
ogawa_jさん、

>「イタリア協奏曲」は、全体的にほとんど問題ありませんね
はい、第二楽章も全く不安定な箇所はありません。
この音律でバッチリですね♪

>ゴルトベルク変奏曲
>短調の変奏曲は3つしかないので
その3つが若干問題アリで、三分割したウルフの広い五度をまともに弾く箇所があるのです。
この五度は(広いと狭いの違いはありますが)キルンベルガー第二法の11セント狭い五度よりは多少マシなので、破綻するほど耳障りではありませんが、気にならないといえば嘘になりますね・・・。
ただ曲全体の規模からすればわずかの傷なので、他の多くの利点を優先すればこのウルフ三分割ミーントーンで演奏するのも1つの解決方法かな・・・と、自分では感じています。
短調の三変奏については全て音源を作ってアップする予定ですので、楽しみにお待ち下さい。
REIKO
2012/05/20 01:46
Enriqueさん、

>音色ともセットになって耳になじんでいる感があります
私もそうです・・・やはりチェンバロは純正長三度が多い音律の方が「それっぽく」なる印象です。
ミーントーン・ピアノは五度純正中心の音律よりも「音が太くなる」ようで、その点少し響きが野暮ったい感があるんですね。
イタリア協奏曲も、「響き」という点ではキルンベルガー1&2の方が洗練されていて、良かったのです。
しかし音程的にまずい箇所がかなりあり、この曲には向いてない感じがしました。
特に第一法はヘ長調主和音が純正なので、冒頭など非常にいいのですが・・・曲が進むにつれウルフを踏んだりして残念でした。

>調号少ないヤツはいけますか
ゴルトベルクは「#」と「♭♭」なので、スレスレOKでしょうかね。
ogawa_jさんへのレスに書いたように、少し傷があるので完璧に・・・とは言えませんが、この音律を使う意味は十分あると思っています。
REIKO
2012/05/20 01:59
同じ電子音でも、チェンバロだとピアノに比べて響きがハッキリ出ますね。ピアノの第1楽章と比べて、このチェンバロの3楽章は1回聴いた時に「ん? この響きは?」と若干違和感を覚える箇所が何カ所かあったのですが、何回か聴いているうちになじんでくるようにも思えます。ともあれ、私的にはピアノ音よりチェンバロ音の方が好きなので、こっちに一票ということで(笑)。
koten
URL
2012/05/28 23:19
kotenさん、

>若干違和感を覚える箇所が何カ所かあったのですが
分割ウルフで調整した音でなく、ミーントーンのままのC#が「ん?ちょい低いかな」の箇所が私にもありました。
まあ、聴き慣れれば問題ないレベルですが。
この修正ミーントーンに慣れた耳で、ヤングやヴァロッティにして聴くと、アチコチ音が外れていて(微妙な違いなのでかえって煩わしい・・・笑)おさまりが悪く聴こえてしまいますね。

>こっちに一票
ありがとうございます〜♪\(^-^*)
新ブログの方もよろしくです。
REIKO
2012/05/29 21:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イタリア協奏曲♪今度はチェンバロで ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる