クラシックの名曲をジャズ編曲で♪

最近のお気に入りは、クラシックをジャズに編曲したピアノ曲集です。 ★「Classics with a Touch of Jazz」リー・エヴァンス編曲 この中から、原曲自体がピアノ曲(それも超名曲!)で、それをさらにジャズにしたものを弾いてみました。 ★ベートーヴェン/ピアノソナタ《悲愴》~第2楽章 ★シュー…

続きを読むread more

7拍子~混合拍子を弾く【2】

7拍子は3拍子と4拍子の混合で、「3+4」か「4+3」で1小節になります。 5拍子と比べ曲数は少なめとはいえ、面白い曲が結構見つかります。 最初に弾いた7拍子はこの曲。 ロバート・D・ヴァンドール/「月の環」 ★楽譜はこちらに収録 メイン主題が「4+3」、中間部分が「3+4」で、7拍子の練習に最適。 それ以外に特に…

続きを読むread more

5拍子~混合拍子を弾く【1】

5拍子、お好きですか? 歌ったり演奏したことがありますか? 楽典では、異なる種類の拍子が連続的につなぎ合わされてできた拍子を混合拍子と言い、5拍子もその仲間です。 つまり5拍子は、「3+2」や「2+3」でできてるんですね。 一方だけで書かれている曲もあるし、曲中で混在していることもあります。 米国のピアノ教育では、時代・形式…

続きを読むread more

【まとめ】「音並べ」から卒業しよう~ピアノ「固定ド奏」からの脱却

楽譜を元に楽器演奏するということは… ・楽譜⇒音楽をイメージ ・イメージした音楽⇒楽器の操作(音楽の演奏) この矢印「⇒」部分の回路構築こそが、楽器習得のキモなのです。 楽譜が読めない&楽器経験もない全くの初心者の場合、それら音楽的スキルが無いので、学習や訓練・練習で少しずつ身につけ、スムーズに行えるようにしなければ…

続きを読むread more

音階練習で階名が聴こえてくる!?~ピアノ「固定ド奏」からの脱却【3】

楽譜を音程読みしながら、手元を見ないでピアノを弾くために、ぜひやっておきたい基礎練習があります。 はい、それは音階練習♪ 前回の記事で書いた「隣の音」は、楽曲のその部分が何調かによって違ってくるからです。 音階練習は、指慣らしやテクニックの養成だけでなく、楽典の勉強、耳の訓練でもあり、音楽の基礎と言えます。 もちろん、手元を見な…

続きを読むread more