ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 「正しいドレミの歌い方」で、音楽が分かる♪歌える♪

<<   作成日時 : 2018/04/19 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

階名(移動ド)を使って、楽しく&分かりやすく読譜や楽典の勉強ができる本が出ました!
その名も正しいドレミの歌い方

正しいドレミの歌い方 楽器がなくても楽譜は読める!
アルテスパブリッシング
鳴海史生


Amazonアソシエイト by 正しいドレミの歌い方 楽器がなくても楽譜は読める! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

今まで当ブログのテーマ「階名と移動ド♪」を読んでいただいている方ならお分かりでしょうが、「正しい」に対して「正しくない」のはもちろん「固定ド」のドレミですよ。
残念ながら現在の日本では、ドレミと言えば「固定ド」が、音楽の勉強のためというより、楽器操作の指示用語とか、絶対音感(音楽的能力とは別のもの)の「音名もどき」として無批判に使われています。
しかしそれでは音楽の勉強にならないんです…


【第1部】正しい「ドレミ感覚」を身につける
五線譜を使わず、そして楽器の助けも借りずに、階名と音程を結びつける練習をします。
「楽器の使用禁止」は、相対的な音程ではなく音高と結びついてしまっている「固定ド」に学習を邪魔されないため。
何のことはない、「ドレミファミレド〜」などと書いてある階名を、音程付けて歌うだけなんですが、「ドレミファ」が歌えれば、「ド(レミ)ファ」と考えて「ド-ファ」の完全4度が取れるわけです。
そしてここでのドレミは音名(=音の高さを表す)ではなく(ドレミ本来の用法)階名なのですから、歌い出しは自分の好き勝手な歌いやすい高さでOK!
つまり大人になってからでも磨ける相対音感を使って、読譜に結びつけようというのがこの本の特徴です。
「自分は音感がなくて」とか「子供の時に音楽の習い事をしなかったから」と、楽譜を読む(楽譜を音楽に直す)のを諦めていませんか?
正しい方法で手順を踏めば、必ず読めるようになります。

【第2部】楽典
五線譜の仕組みや音名・音部記号、ドレミの歴史などの説明に続いて、階名を使って調や調号の仕組みを学びます。
一般的な楽典の本では、単なる暗記モノに成り下がってるこの部分、階名と音名を使い分けつつ理解し、しかも音楽的に捉えられることと思います。
特に104ページからの、五線上の2音の音程を答える問題、ただ理屈のみで解く非音楽的な方法で説明されている一般の楽典書とは全く違う、解けばその音程が聴こえてくる!階名を使った解法に多くの人は驚くでしょう。
何この裏技!?
いえ、これは裏なんかじゃない、こういう解き方こそオモテでなければいけないのです!!!
なお楽譜を音楽に直すにはリズムも必要ですから、音符や休符の長さに関する説明もこの章の最後にあります。

【第3部】歌唱課題集
え!?もう五線譜見て歌うの?知らない曲を!?…と思うかもしれませんが、第1章・第2章の内容が身についていれば、もう歌えるはずなんです!
とは言っても五線譜を階名で読む経験がまだ少ない人のために、音符にカナで階名が振って(一部穴埋め式)あります。
階名に直すことよりも、音楽に直すことが最終目的なので、まずはカナ頼みでもいいからトライしてみましょう。
この種のこと(新曲視唱)に初挑戦した人なら、1番が歌えただけでも感動するに違いありません。そしてもっとやってみようと思うはず!
100曲クリアしたら、次はカナを少しずつ墨塗り(笑)して再挑戦したり、身近にある楽譜もどんどん階名を頼りに歌ってみましょう。

楽器なしでも楽譜から歌えるようになると、合唱などに役立つだけでなく、器楽をやっている人も大いに音楽の基礎力が向上します。
まず楽譜を読むのが楽しく、そして速くなります。
新しい曲をやる時、楽器で音を出す前に(全部が無理なら一部だけでも)旋律などを歌ってチェックするだけで、練習がとてもスムーズ。
これは全く聴いたことのない(いわゆる「音源」がない)曲に取り組む時、特に効果を発揮します。

旋律だけでなく低音声部も歌うとか、階名経験を積めば旋律に付く和声もイメージできるようになるため、私などは少々平凡な?ピアノ曲なら、全く弾かなくても楽譜だけからどんな音楽か分かるようになりました。
(読んで楽しんだからもう弾かなくていいや、という曲まで!?)
楽器に触る時間や気力、その状況がなくても、楽譜さえあれば弾きたい曲の勉強ができることは、学習者にとって大きなメリットです。
他にも、階名それぞれが持つ音楽的機能や性格、色々な音程のニュアンスを感じながら曲想を付けるセンスなど、階名を知らなかった時よりワンランク(いやもっと?)上の演奏ができるようになることは間違いありません。
──── ということで、始めた人に音楽の女神が微笑みますよ♪

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「正しいドレミの歌い方」で、音楽が分かる♪歌える♪ ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる