ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めてソステヌートペダル(電子ピアノ)を使ってみた♪

<<   作成日時 : 2017/07/01 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3本ペダルのグランドピアノや電子ピアノの中央にある、ソステヌートペダルを曲中で初めて使ってみました。
普段良く使う右端の(ダンパー)ペダルは、踏んでいる間すべての音のダンパー(消音装置)が無効になりますが、ソステヌートペダルは踏んだ時に打鍵している音のダンパーだけが無効になります。
特定の音だけを離鍵後も鳴らし続けたい時に使うんですね。

マーティン・クェラー「夏の歌」 ★楽譜はこちらの曲集に収録


★どこで使っているか分かるでしょうか?

楽譜にはダンパーペダルの記号があるだけで、ソステヌートペダル使用の指示はありません。
しかし練習している間に4箇所、ココで使ったら音楽的に断然良いのでは?と思う部分があったんですね。
で、Youtubeで検索してみたら、まさにそこで使っている演奏があるじゃないですか!


★最初は後ろに引き気味になっている左足が、曲の途中でスッと前に伸びてソステペダル上にスタンバイ、右足の陰で動きはよく見えませんが、左手で弾いた低音がドーーンと伸びていることから、ソステを使っていることが分かります。

ソステを使わずダンパーペダルだけだと、音の濁りを避けるため3拍目のアタマで踏み換えが必要(←楽譜の指示)で、小節冒頭で鳴る低音(打鍵したらすぐ手を離して跳躍する)は2拍分しか伸びません。
それでも悪くないのですが、やはり4拍伸びた方が断然カッコいい&素敵なので、私もソステを使うことに決めました。
左足でペダルを踏むのは(左端の)ソフトペダルで何度も経験してますから、「なぁに、それを中央のペダルにするだけでしょ」と軽く考えていたら…これが甘かった!!!
以下のような問題点が ────

1.同時にダンパーペダルも使っているため、左右の足の独立が必要
2.ペダルを離すタイミングを忘れがち
3.ダンパーペダルよりも効き方が遅いのか、空振り(笑)が多い
4.小節の冒頭、ソステとダンパーペダルはどっちを先に踏むのか?それとも同時?
5.この箇所は手の方も、自分の苦手な跳躍や大きく手を広げる動きの連続


左足がソステを踏み続ける間、右足がダンパーペダルを踏み換えるのは、左足でソフトペダルを使う時と同じようなものですが、ソフトペダルはある程度長く踏みっぱなしが多いのに対し、この曲のソステは1小節ごとです。
「踏み続ける」ことばかり意識して離すタイミングが曖昧になり、それが少し遅れると次の小節冒頭のダンパーペダルのせいで、2拍分余計に音が伸びてしまいます。
「踏む」「(右足は踏み換えしていても)踏み続ける」「離す」、この3つをキチンと意識しないと駄目だと分かりました。

3は本当に困りました。
ダンパーペダルは離鍵しかかっている(ダンパーが落ちかかっている)状態で踏んでもそれなりに効いて音が伸びますが、ソステは鍵盤を奥までしっかり押し込んだ(ダンパーが完全に上がっている)状態でないと、効かないようなんです。
またソステは「踏み込み途中状態」(ハーフペダル)も無効です。
(これらがグランドでもそうなのか、ウチの電子ピアノの仕様なのかは分かりません)
ソステで伸ばす低音はすぐに離鍵して大きく跳躍するため、少しペダルの踏み込みが遅れる&半端だと空振りで、完全な失敗演奏になってしまいます。
そこでソステが空振りだった場合の「保険」に、ダンパーペダルと同時踏みしたら?と思いつきました。
しかし同時踏みは体の安定が悪くなるせいかやりにくい上、人間が踏むのに「完全に同時」は無理で、必ずどちらかのペダルが微妙に先行するため、かえって楽器の挙動が分からなくなる事態に陥ってしまいました。

結局、(小節冒頭)「低音をしっかり弾く」⇒「ダンパーペダルをオフにして」&「ソステを踏む」⇒「離鍵」&「ダンパーペダル踏む」⇒「ダンパーペダル踏み換え(2回)」⇒「ソステ・オフ」⇒(次小節冒頭)「ダンパーペダル踏む」という動作を、両手の動きと合わせ自然にできるまで練習しました。
ポイントは、左足でソステを踏むその瞬間、右足ダンパーペダルはオフにすることです。
これでソステの空振りが激減しました。
そう気がついて改めて動画のピアニスト氏を見ると、まさにその通りにやってるじゃないですか!!!
やはりグランドでもこれがコツなんでは?と思います。

そしてもうひとつ、ソステを使う部分が過ぎたら、左足をペダルから離し通常の位置に戻してますね。
これは右足につられてソステを踏んでしまう事故を防ぎ、体を安定させるために大事なことです。
ただし私は、演奏開始時から左足をソステの上に置いたのが動画と違っています。
楽譜を見&手を動かしながら足をペダルに伸ばして…って結構難しいんですよ。
ソステ踏んだつもりがソフトペダルだったら、もうアウトなので。 (^ ^;ゞ
オルガンやエレクトーンの足鍵盤に比べたら屁みたいなものかもしれませんが、今回のソステ経験、両足の良い勉強になりました。

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初めてソステヌートペダル(電子ピアノ)を使ってみた♪ ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる