ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 【第6回】超「階名(移動ド)唱」マスター法〜2度までの練習課題

<<   作成日時 : 2016/08/23 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の記事、最後の例題はどうだったでしょうか?
「ドレミミレドレ ドシラシド〜♪」と階名唱できれば合格です。
タマが隣(2度)に動くだけ、つまり階名も隣に上下するだけなので、「簡単〜!」って方も多かったと思います。

そう、簡単なんです ─── でも隣の階名とはいえこの旋律、「ド↓シ」「シ↑ド」は半音(短2度)、「ド↑レ」などそれ以外は全音(長2度)で、五線上でタマが動く幅は同じでも、音程は違うんですね。
この区別がついてないと、楽譜から正しく歌えません。
そういう面倒なことを、理屈でなく感覚でやってのけられるのが階名唱の利点で、そのために楽譜を見る前に階名の組み合わせと音程を紐付けするべく、色々な歌を階名で歌う練習をしてきわけです。

では2度音程を練習するための視唱課題を作ってみたので、階名唱してみてください。所々ヒントが書いてあるので確認しながら歌いましょう。
(楽譜はクリックで拡大、音源を使った答え合わせも前回と同様に)

【1】調号が#の時は、その一番右側の位置が「シ」でしたね。「ドレミファソ〜♪」と音階を歌ってから始めると、「ソ」から歌い出しやすくなります。
画像




【2】調号が♭の時は、その一番右側の位置が「ファ」でした。
画像




【3】調号がたくさん並んでいても、平気平気(笑)!
画像




【4】3拍子です。少し長いですが無事完走してください。
画像




3度以上の跳躍がなく、2度音程までで作られている有名な曲はちょっと思いつきませんが、曲の一部に効果的に使われている例ならいくつかありますね。
「ドーシーラソーー ラーソーファミーー」で始まるのは「カロ・ミオ・ベン」。
「ドーシーラソーーーファミーレードーー」の下行音階で始まる「もろびとこぞりて」は、この後5度跳んで「ソラーラシーシドーーー」と上行に転じます。
「むすんでひらいて」は「ミーミレドードー レーレーミレドー」の次に5度跳んで「ソーソファミーミー レドレミドーー」、次に3度跳んで「ミーミファソーソー ラーラーソファミー ミーミファソーソーラーラーソー」と、大部分2度までのフレーズを跳躍でつなげた構成で、とても歌いやすくなっていますね。

【追記】有名な讃美歌で、「2度」までしか使ってない曲を見つけました。
When I Survey the Wondrous Cross(日本題:栄えの主イエスの)
音域も、シ⇒ファまでの減5度しかなく、誰にも歌いやすくなっています。

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【第6回】超「階名(移動ド)唱」マスター法〜2度までの練習課題 ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる