ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 続♪クリスマスソングのピアノ編曲弾いてみた

<<   作成日時 : 2015/12/19 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

前回に続き、米国で出版されているクリスマスソングのピアノ編曲から、今回はお楽しみタイプの曲集から弾いてみました。
「お楽しみ」とは、教会奏楽用でもレッスン用でもない…まあ日本で出ている(クリスマスソングに限らず)ポピュラー音楽などのピアノ編曲集みたいなもの、と思って下さい。
ぶっちゃけこのテのものは、い〜かげんな編曲のハズレも多数ある…というのは、買ったことある人ならご存知ですね。
なので、1986年の出版ながら未だに売れていて、カスタマーレビューでも高評価のこちらの曲集(表紙写真がアレですがw)を買ってみました。

★賛美歌「荒野のはてに」〜J.レイ編曲


他も「きよしこの夜」「もろびとこぞりて」「神の御子は」「牧人ひつじを」などオーソドックスな選曲で、原曲を大きく崩すことなく所々ポピュラー風和声で味付けした、無難なアレンジでした。
予想していたより保守的でしたが、それがロングセラーの秘密なのかもしれません。
「荒野のはてに」のサビ部分で、追いかけ合いの二部合唱風になるところも、原曲の趣がちゃんと再現されています。
(2声を弾く右手が保持音を正確にキープするには、クラシックを勉強してないと難しい)
一方、中間部分は「Freely──much slower」となっていて、「自由に」と言われてもクラシック派は困ります(笑)。
ここはポピュラーピアノやってる人なら、もっと粋に演奏できそうですね。

ただこの曲集、「お楽しみ」楽譜の通例で運指・フレージングは無し、しかも日本ならこの手のモノに付いていそうなコードネームもありません。
したがって譜面はやたらスッキリしてますが、中には手が相当大きくないと跳躍だらけになる曲や、ココはど〜いう運指で弾くの?と困るような部分もありました。
「手が大きければどうってことない」箇所は、手が小さい人にとって難所になりがちなので練習前に要確認です。

さて最後は、クラシックの有名曲とクリスマスソングの合体曲集から。
合体モノは数こそ多くないですが、(ネタ系?)ジャンルとして定着しているようです。

★J.S.バッハの様式による:賛美歌「ああベツレヘムよ」〜 C.クローズ編曲

楽譜はこちらの曲集に収録

な、な…なんと!? 上手く組み込みましたね〜!
こちらが原曲かと思うくらいです(笑)。
他にも、ショパン風「モミの木」やモーツァルト風「神の御子は」など面白い組み合わせ満載ですが、編曲に出来不出来があるのが惜しいところ。
前奏や間奏に当該作曲家の有名曲をあしらって、メインのクリスマス曲とつなげただけのものは、工夫が足りないでしょうね。
合体モノとしては易しく弾けるように配慮されているも、人前で披露してウケるには各作曲家の演奏スタイルを手の内にしている必要があり、それなりのピアノ経験も必要かと思います。

なお編曲者のC.クローズは、教育音楽の作曲家として多くの優れた作品を書いていますが、残念ながら2013年に60代で亡くなってしまいました。
Hal・Leonard社はその音楽界に対する貢献を称え、彼女の名を冠した作曲コンペティションを設けています。

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どんな雰囲気で弾けば良いのか,楽譜だけからは難しいですね。
ポピュラー系の人からクラシック系の人の演奏をボソクソに書かれた事があります。その人は何から何まで気に入らない様で,暗譜をしないとか服装だけは小綺麗とか。別に良いじゃないの?と思う様な事も指摘していました。まあ重視するところが違うのでしょうから,参考程度にと思いましたが,何分クラシック系の人は片手間,お楽しみで演奏するわけですね。REIKOさんのは雰囲気があって,かつ品の良いセンスが感じられます。それにしてもバッハのプレリュード崩れは面白いですね。
Enrique
URL
2015/12/25 23:41
Enriqueさん、コメントありがとうございます。

>どんな雰囲気で弾けば良いのか,楽譜だけからは難しいですね
編曲が「いかにもピアノ的」ならそれなりに見当がつきますが、単に(歌モノなどを)「ピアノで弾けるようにしました」的な編曲だと、音を並べて終わってしまう…になりがちですね。この「荒野のはてに」は、後者に近いですね。
一方、ポピュラー系でピアニスティックなものは、手も大きく相当腕の立つタイプの人でないと、それらしく弾くのはなかなか難しいと思います。(いろんな意味で「余裕」が必要かと)

>バッハのプレリュード崩れ
右手が分散和音と旋律の両方持ってるので、原曲より難しかったです。
この曲集には「ジョプリン風ジングルベル」も載っていました(笑)。
合体モノはもう1冊、12月初旬に届く予定で注文しておいた楽譜が、大幅遅れでやっと15日に届き、もう練習が間に合いませんでした。
来年ですね(笑)。
REIKO
2015/12/27 16:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
続♪クリスマスソングのピアノ編曲弾いてみた ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる