ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 発表会にいかが?ブルクミュラー程度で豪快なピアノ曲!

<<   作成日時 : 2015/05/10 14:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

アメリカの教育音楽作曲家シリーズ、4人目にしてようやく男性の登場、デニス・アレクサンダーを紹介します。
日本では無名でしょうがアメリカでは超人気、私も彼が大のお気に入りで、楽譜をボロボロ買い漁っております(笑)。
今回はその中から、いかにも男性的で豪快な曲を2曲選んでみました。
どちらも難易度的にはブルクミュラー程度、というのがミソ、いきなりフォルテシモでガ〜〜〜ン!と始まるので音量注意ですが、できれば大きな音で聴いていただくと曲の魅力が良く分かります。

◆El Zapateado(サパテアド ── スペインの踊りです)、★こちらの曲集に収録


◆指定よりもかなり速いテンポで弾いています。弾けるのであれば「スピード違反」OKの曲と判断しました。とんでもない速さで弾いているお嬢さんもいます!

◆Glacier Majesty(氷河偉観) ★こちらの曲集に収録



ギロックは、学習者が好んで人前でピアノを弾く気になるよう、実際よりも「難しく聴こえる」曲を書こうと努めていたそうで、それがアメリカ教育作品の伝統?なのか、アレクサンダーのこの2曲もその典型と言えるでしょう。

El Zapateado は指よりも手や腕を動かして弾く音型が中心で、まだピアノ歴が浅くても練習次第でかなり速く弾けるように書かれています。
(「猫ふんじゃった」なら速く弾ける人っていますよね、それと似たような理由)
手の開きも最大6度しかなく、手が小さい年少者でも無理なく弾けますし、両手交互にガチャガチャ弾く音型は、大人よりもむしろ子供の方が遊び感覚で喜んで練習しそうです。

一方 Glacier Majesty は左手にオクターブのユニゾンが多用されており、手が大きい大人の初級者向けです。
出版社の難易度表示では、こちらの方が El Zapateado より少し簡単なはずですが、実際は音の跳躍が多い序奏と終結部は慣れるまで戸惑うし、豪快に楽器を鳴らし切るには、ある程度のピアノ経験が必要かもしれません。
ですが指の動き的には、ブルクミュラーの Allegro 系の曲を相応の速さで弾くよりずっと簡単だと思います。
それくらいの難易度で、ここまでスケールの大きい曲は珍しいのではないでしょうか?

作曲者はおそらくこの2曲で、ピアノ経験が浅い人にも音域の広い楽器のダイナミックな響きを体験して欲しかったのでしょう。
とにかくデカイ音が出る!どんなに思い切り弾いても大丈夫(楽器が壊れないw)!─── これは間違いなくピアノの魅力の一つです!
どちらの曲もピアノが豪快に鳴るので、弾いていてとても気持ちが良いです。

ブルクミュラー程度で発表会向きの曲を探している方、ポピュラー系を除いた古典的な有名曲だと、技術相応のこじんまりとした曲がほとんですが、アメリカ教育作品にはこのようなド派手(笑)な曲がたくさんあります。
日本での人気や知名度に拘らなければ、チャレンジしてみてはいかがでしょう?
「初めて聴いたけど素敵な曲だった」「今度は自分が弾いてみたい」「この作曲家はどういう人?」などと感想がもらえたら、演奏した意味が十分あったことになります。

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サパテアドはフラメンコの舞踏ですね。
スペインものはピアノでは普通むずかしいでしょうね。
こちらの方は速さ,後の曲の方は音域の広さでダイナミックさを出していて,確かにどちらの曲も聞き映えのする曲です。
ギロック以降のアメリカ教育作品の王道でしょうか。
Enrique
URL
2015/05/24 01:38
Enriqueさん、コメントありがとうございます。

>スペインものはピアノでは普通むずかしい
日本では初心者向けのスペイン物がほとんど知られていないのでそういう印象を受けますが、実はアメリカの教育作品で「スペイン(又はスペイン語圏)物」は定番なのです。
それだけの曲集も当たり前に出てますし、「様々なスタイルの曲を収録」をうたう曲集にも色付け的に?良く入っています。
異国情緒もの…ということなら、ハンガリーとかロシア、東洋などがあってもいいのに、それらはほとんどなく、何故かスペイン(笑)なんですね。
米国に多い、ヒスパニックの人達を意識したサービスかなあとも思うのですが…原因やルーツを調査中です。(^ ^;)

>王道でしょうか
どちらもYoutubeで沢山の人が演奏をアップしていて知ったのですが、学習者は正直ですね。人気曲は、旋律や和声が美しいか又は派手な曲で、その割に弾きやすい…と相場が決まっています。
ですが全てが「ヒット曲」とはならないので、埋もれているものもたくさんあります。
REIKO
2015/05/24 16:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
発表会にいかが?ブルクミュラー程度で豪快なピアノ曲! ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる