ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 発表会定番?「エチュード・アレグロ」中田喜直

<<   作成日時 : 2012/03/20 21:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

日本人作曲家のピアノ小品に古典調律で挑戦するシリーズ、今回は中田喜直さんのエチュード・アレグロです。
私なんか「雪の降るまちを」の作曲者というだけで、中田さんに足を向けて寝られない人間ですが ──── 。
日本人で中田さんの曲を歌ったことがない人は皆無と思いますが、ピアノ作品も多く、「エチュード・アレグロ」はオクターブに手の届かない子供でも弾けるように書かれた、発表会向きの華やかな曲です。
(YouTubeで検索すると、お子さん達がたくさん弾いています)
耳で聴いた印象ほど難しくなく、暗譜もしやすい・・・と思いますが、どうかな?



このシリーズ、なかなか出番がなかったキルンベルガー第二法が、やっと登場しました。
(分散)和音が元気なハ長調部分に続いて、左手アルベルティ・バス上で右手の旋律が美しく歌う中間部分は、変イ長調で始まりハ短調を経て一旦ハ長調に終止します。
そしてイ短調のもの悲しい部分の後、再びハ長調の華やかな和音音型が戻ってきます。
これら調性と書法の組み合わせが、第二法にピッタリなんですね♪

もっとも白鍵中心の和音が多いと、D-A-Eの狭い五度に抵触する危険も増します。
実は「ACE」をドカドカとフォルテで連打したり、山場で左手にA-Eの空五度が出てくるなど、マズイ箇所もかなりあるんです・・・気づいた人もいますよね。
ただどちらも、テンポが速く音が細かく動いている箇所なので、堂々と強気で(笑)弾ききれば、そんな大きな傷ではないと思います。
(この曲では、下手に弱点に気を使う弾き方はしない方が良い)

中間部分は(変イ長調がピタゴラス音階になるので)旋律が伸び伸び、長調と短調の対比も鮮やかで、平均律よりずっといい感じです。
また第二法のイ短調は、主和音の五度が狭くとても淋しく聴こえるのですが、その部分の曲調が音律とピッタリ、しかも「p」なので弱点も目立たない・・・と、まるで中田さんが第二法を想定して書いたのでは?と思うくらい、ハマりです。
そして最終4小節、グリッサンド以外は第二法で純正な CEG和音しかなく、美しい響きで気持ち良く弾き終えることができます。

──── とまあ若干の傷はあるも、総合的に第二法で弾く利点が大きいと判断しました。
またこの曲は、長所だけでなく短所も含めて音律の特徴が良く分かるという意味で、キルンベルガー第二法のデモ曲としても最適と思います。
(ブルクミュラー終了程度で弾けるはず)
電子ピアノにこの音律がプリセットされてないのが、本当に残念ですが・・・。

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
子供のピアノ発表会,結構聞いていたと思ったのですが初めて聞きました(私が逃げている間に弾かれていたのかもしれませんが)。適度に品良くモダンで元気で良い曲ですね。
KBIIに関してはたまたま合うのか,中田センセイが狙ってお使いになったのか?全く判断出来ませんが,手が小さくて日本人に合った幅の狭い鍵盤を提唱された方ですし,楽器いじるわけではなく,割とメジャーな音律ですし,調律に関しては朝飯前だったのかもしれませんね。
Enrique
URL
2012/03/21 21:08
Enriqueさん、

>適度に品良くモダンで元気で
そうですね♪古典的和声の中に、教育的な基本的テクニックを折り込み、「エチュード」と言いながらも、発表会向けの派手な演奏効果も狙っている、なかなかに欲張りな曲ですが、上手く成功していると思います。
小さい手(オクターブが無い)向けの曲は、どうしてもこじんまりする傾向がありますが、これは盛り上がりますね。
最後のグリッサンドをカッコ良く決めれば、学校でヒーロー&ヒロインになれそうです。(笑)

>たまたま合うのか,中田センセイが狙ってお使いになったのか
この曲は「たまたま」と思いますが(狙ったのなら当然避けるべき音の配置が若干ある)、「ハ長調⇒和音、変イ長調⇒旋律」の構成は、まるでベートーヴェンのピアノソナタとKBIIの関係を勉強したかのようですね。
で、カワイ出版の「こどものゆめ」(こちらも中田さんの小さな手向け曲集)の方は、♭は2つ・3つ〜の曲があるのに、KBIIが苦手なニ長調やイ長調の曲が無く、ひょっとして全曲KBIIで行けるかも?と感じています。
イ短調・ト長調など、危なそうな曲をいくつか打ってみましたが、今の所大丈夫・・・)

>割とメジャーな音律ですし
日本の(ピアノ)音律事情、戦後は平均律一辺倒と思いますが、戦前はどうだったのでしょうかね・・・調律師に頼らない「セルフ調律」の場合、KBIIが使われていた可能性も否定出来ないと思います。
中田さんは世代的に、戦前に基礎勉強された方ですし・・・。
REIKO
2012/03/23 13:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
発表会定番?「エチュード・アレグロ」中田喜直 ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる