ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS お菓子の世界「チョコバー」を古典調律で弾いてみた

<<   作成日時 : 2012/01/28 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

引越しのためにモノの整理をしていたら、押入れの奥にあった段ボール箱から、行方不明になっていた湯山昭作曲「お菓子の世界」の楽譜が出てきました。
1978年10月30日・第18版(「刷」の意味と思いますが)のものです。

現代日本の作曲家によるピアノ曲集としては、異例の大ヒット作品で、「シュー・クリーム」「柿の種」「ドロップス」「マロン・グラッセ」「甘納豆」など美味しそうなタイトルの曲が、序曲や間奏曲と共に並んでいます。
ブルクミュラー終了〜チェルニー30番・40番前半程度の技巧でしょうか、その中で割と弾きやすく曲も好みのものを、昔良く弾いていました。
(バロックの次は現代モノが好きだったんです・・・)

で、大好きなチョコバー(一応?ヘ長調)を打ち込んでみました。
当然これは「平均律」で作曲されたと思いますが(ですよね?湯山さん)、とある古典調律でも超良好♪だったので、あえてそれを使いました。
種明かしは動画の最後に・・・
(JASRAC管理曲なのでYouTubeを通しますが、楽譜は出せないのでWindowsムービーメーカーで適当なエフェクトつけています)



もちろんこれは偶然ですよ ─── 偶然適合したんです。(^ ^;)
しかしそれは、DとAの同時打鍵が無いから・・・ではなく、バンバン使ってるのに分からないってのがスゴイんですよ。
(楽譜出せないので)シーケンサーの画面、冒頭強打する和音の箇所です↓↓↓


★薄桃がA音・薄黄がD音、タテに揃っているのが同時に鳴る音

不協和音の上、D-A五度でなくA-D四度(四度は五度よりも音程の狂いが分かりにくい)なのでセーフ ──── というより、平均律や第二法よりも音程が狂ってる分迫力があって(笑)、インパクトが増します。
他のA-D四度も、弱音だったり不協和音程とセットだったりして、禁則に抵触してるのに気づきません。↓↓↓


なお第二法だとD-Aの狂いが緩和されても、新たなA-Eの弱点が気になる箇所ができるので、第一法の方が良いです。
・・・ということは、D-Aウルフのピタゴラス律でも大丈夫でした。
ピタゴラス律は明快で骨太な響きになるので、この「チョコバー」の曲調とピッタリ、音律変更できる電子ピアノを持ってる方は、ぜひお試し下さい。
(ピタゴラス律は、基音F#でD-Aウルフになります)

現代的なフィーリングやジャズの要素を取り入れた曲でも、ちょっと配慮しさえすれば古典調律が立派に使えるんですね。
偶然とはいえ、キルンベルガー第一法が良好に適合するこのような曲を仔細に検討すれば、「使い物にならない」などと言われているこの音律で作曲するコツが分かると思います。


ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なつかしー。って、私は弾けないですけど。息子がこの曲集の1曲を弾いたのですが、楽しそうでしたー
Mev
2012/01/29 04:07
Mevさん、

>息子がこの曲集の1曲を弾いたのですが、楽しそうでしたー
息子さん、どの曲を弾いてらしたのでしょうか・・・♪
食べ物(しかもお菓子!)のタイトルだってだけで、何か楽しいんですよね。
このチョコバーは、現代的な和声の処理がされていて、しかも複合リズムですが、耳で聴いた感じよりは弾きやすいです。
同じ段ボール箱から、この曲集の発端となった「お菓子のベルトコンベヤー」という曲が載っている、NHK教育「ピアノのおけいこ」のテキストも出てきましたー(笑)!
REIKO
2012/01/30 13:04
へえ・・こんなタイトルの曲があるんですね!面白い!
音律は・・例によってよく分かりませんが(笑)
>現代的なフィーリングやジャズの要素を取り入れた曲でも

確かに、そんな感じの響きかな?なんて思いました。

バロックと現代物が好きな人って結構多いような気がしますが、
どちらかというとロマン派嫌いなのかしら?なんて思ったり。
アルチーナ
2012/01/30 13:18
はっきりワカランですが,何かモード・ジャズの様な感じです。楽譜見て分析してみないとです。この楽譜ウチにもありますし,多分NHKテキストの同じものもありますね。
機能和声では無いからOKなのでは?近現代曲は旋法使っているものも多いので,却って古典音律が合うものも多いのではないかと。歴史は繰り返す???
Enrique
URL
2012/01/30 13:45
アルチーナさん、

>こんなタイトルの曲があるんですね
あるんですよ〜♪\(^ ^*)
この曲集は、日本でピアノを弾く人達の間では、子供から大人まで人気だと思います。
お菓子のタイトル以外に、間奏曲として「むしば」「どうしてふとるのかしら」などもあります。

>ロマン派嫌いなのかしら?なんて思ったり
その辺の曲は、クラシック音楽では最も普通に耳にするので、新鮮味に欠ける・・・ということはありますね。
この「チョコバー」も、フツーのクラシックには無い和音やリズムが、すごくカッコいいと思って弾いていました。
REIKO
2012/01/31 13:25
Enriqueさん、

>機能和声では無いからOKなのでは?
確かにそういう面もあると思います。
一応ヘ長調なので白鍵の使用も多く、そういう曲でKBIを使うとたとえDAの同時使用が無くても、旋律的な部分でA音が低くておかしいことがあるんですが、この曲ではそれを感じませんね。
(冒頭いきなり禁則強打なのに)
また運良く、中間部分のちょっと旋律っぽい箇所は、A音が使われてませんし。
もっとも最初に湯山さんの曲で打ち込んだ「水たまりにうつった世界」は、古典調律を試してもあまり良くなかったです・・・平均律の曲だなと感じました。
REIKO
2012/01/31 13:31
あ、思い出しましたー。ポップコーンです。息子発表会で弾いたんだわ。あとバウムクーヘンも練習してたような気がします。 タイトルで「むしば」っていうのは弾きたくねーなと言ってました。
Mev
2012/02/01 02:06
Mevさん、

>ポップコーン/バウムクーヘン
おお〜!すごい!どちらも結構難しい曲かも。
発表会でよく取り上げられるんですよね♪
お菓子が嫌いな人はいないし、どちらもキャッチーな旋律&リズムなので、会を楽しく盛り上げることができそうです。
REIKO
2012/02/03 02:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お菓子の世界「チョコバー」を古典調律で弾いてみた ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる