ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS チャイコフスキー「子供のためのアルバム」

<<   作成日時 : 2010/06/21 03:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ブルグミュラー25の練習曲と同程度のテクニックで弾け、シューマン・ユーゲントアルバム風のピアノ曲集として日本でも人気があるものに、「チャイコフスキー/子供のためのアルバム」があります。
標準教材ではありませんが、ピアノをやっている人なら大抵、この曲集から何か弾くのではないでしょうか。

私がこの曲集に出会ったのは、父が買ってきた「小さな手のためのピアノ曲集付き」と副題?のある(確かレコード付きの)ピアノ音楽入門本に、一部が収録されていたからです。
小学校3〜4年頃だったでしょうか、私が家のリードオルガン(まだピアノはありませんでした)であれこれ弾き始めたので、「こんなのはどうかな?」と買ってきてくれたのでしょう。
変形サイズのハード・カバーで、楽譜の余白に簡素なイラストも入っていたと記憶しています。

タイトルにひかれてまず弾いたのが、「病気のお人形」と「お人形の葬式」!
特に「葬式」は好きでしたね・・・子供向けの曲には珍しい、悲劇的な曲想が新鮮でした。
残念ながら「新しいお人形」は、収録されてなかったです・・・少し難しいからでしょうか。

続いて、一番最初に載っていた「朝の祈り」が好きになりました。
この曲です。 ↓↓↓(打ち込みです) ★ 制作環境はこちら



短い曲ですが、厳かな雰囲気と陰影に富んだ和声が美しく、大人になってからも時々思い出したように弾いていました。
丁寧に心を込めて演奏すると、すがすがしい気持ちになります。
もう少し後になりピアノになってから、最後に載っていた「甘い夢」も弾けるようになり、これがこの曲集では一番好きですね。
全曲載っている楽譜を買ったのは、だいぶ後のことです。
「ババ・ヤガ(魔女)」などは面白い曲だと思いましたが、あまり練習できないまま過ぎてしまいました。

ところで、父が買ってきた本は第1巻で、どうも続きがあったようなのです。
私は次も「どんな曲があるのかな?」と楽しみにしてたのですが、ちゃんと口に出して「欲しい」と言わなかったためか、父が続きを買ってくることはありませんでした。
今思うと、企画モノによくある第1巻だけ特別価格で安い!・・・だったのかもしれません。
いや「だったのかも」・・・ではなくて、そうに違いない・・・(^ ^;)

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
病気のお人形、お葬式ですか。大人にとってはぎょっとするタイトルですけど、子供の頃はもっと物事をストレートに考えてましたから、ドラマなんかを見て感化されたりすると、かわいがっているお人形をよく「不治の病」にしたり、「自殺」させたりしていたことがあったと思います〜。
打ち込みは自作ですか?上手ですね〜。 最初の方は讃美歌みたいですよね。
Mev
2010/06/23 12:45
Mevさん、

>大人にとってはぎょっとするタイトルですけど
あ、そうですか?(^ ^;)
そうですね・・・確かに子供って、すごく残酷な事を平気でする(アリを踏みつぶして遊んだりとか)ので、そういう年代だと「人形のお葬式」も特に何とも思わないってことはありますね。
・・・「〜お葬式」、喜んで(笑)弾いてました・・・。

>打ち込みは自作ですか
はい、そうです。
これくらいのピアノ曲(短くて音も少ない)なら、すぐに打てる&編集できるようになりました。
でも使用音源がショボイので、こういう静かな曲だと、「力いっぱい弾いた音が、小さい音になってるだけ」なのが不満です。
ピアノは「そっと」弾けば、音量だけでなく音色もソフトになりますが、それが出ないんですよね。
全体にゴツゴツしてる感じなんだなぁ・・・。
REIKO
2010/06/24 01:15
ちょっとシューベルトの即興曲を思い出しました。
讃美歌風(コラール風)ですが、考えてみたらチャイコフスキーはロシア正教になるのですよね。
ロシア正教の音楽って詳しくわかりませんが、チャイコフスキーにどういう影響を与えているのかが気になります。
Cecilia
URL
2010/06/30 11:26
Ceciliaさん、

>讃美歌風(コラール風)ですが
あ、言われてみれば確かにそうですね。
まあ「祈り」なので、背後にある心境?は同じようなものですよね。
朝や夕べの祈りのピアノ小品は、他にもたくさんあって、日本との文化の違いを感じますね。
西洋の信心深い人は、一日が祈りで始まって祈りで終わるのでしょう。

>ロシア正教の音楽って
私もそれは良く知らないです・・・CDはそれなりに出てますよね。
あ、YouTUbeで検索すればいいのかな??(^ ^;)
REIKO
2010/07/01 10:24
自閉症ながら、ピアノだけは得意の息子に購入した楽譜にこの曲が有りました。
ピアノの先生が産休の為、私が教えるしかないのですが、私もバイエル程度で、この曲のリズムに自信が有りませんでした。楽譜と連動して曲が聴けるので、とてもとてもとても助かりました。きれいで素敵な曲と改めて思いました。ありがとうございます。
ままさん
2011/01/25 00:52
ままさん様、コメントありがとうございます。
お役に立てて嬉しいです。
私もこの曲大好きです。
息子さん、上手く弾けるようになるといいですね。
REIKO
2011/01/26 02:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チャイコフスキー「子供のためのアルバム」 ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる