ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

アクセスカウンタ

zoom RSS フリーデマンの「春」は真作なのか?

<<   作成日時 : 2010/02/10 03:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今年生誕300年、フリーデマン・バッハの話題が続きます。

大バッハの長男なので名前だけは有名ですが、お世辞にも曲が一般クラシック・ファンに親しまれてるとは言えないフリーデマン。
しかし(日本だけかもしれませんが)、ピアノ学習者には結構知られている彼の曲があります。
私も昔、好きでよく弾いていました。

その名も「春」(Frühling)
バロックとも古典派ともつかない、中間的な曲調です。
ヨーロッパでは春は5月からでしょうが、立春を過ぎた日本では時節柄ピッタリ?

シーケンサーで打ち込んでみました。
今回は、なんちゃってフォルテピアノ風の音になっています。(爆)




YouTubeでは、小さなお子さんが可愛らしい手で弾いている映像も見れます。

6歳の男の子、コンクールで頑張る♪
8歳の女の子、お家でおけいこ、手の動きが良くわかる♪

実は私、これを昔エマヌエル・バッハの曲だと思って弾いてたんですよ!
「バロック・アルバム1 36の小品集」(音楽の友社)に W.F.Bach とあるのを、どこでどう見間違えたか、エマヌエルと読んでいた・・・。(苦笑)
しかし最近買ってきた「バロック小品集」(ヤマハ・ミュージック・メディア)に、カタカナで作曲者名が書いてあるのを見て、「えッ!?フリーデマンだったの!」と驚いたわけです。

しかしフリーデマンだと言われると、逆に疑問もわいてきました。
★ 彼の曲にしては、妙にまとまりすぎてるのでは・・・?
★ もう少し、時代的に後の人の曲では・・・?

そもそもこの曲、一体どこから採ったのか?
初心者向けのピアノ小品集やピースで、フリーデマン作として簡単に楽譜が入手できますが、単独の曲なのか、何か組曲や曲集内の1曲なのか、出自がわかりません。

「クラシック音楽作品名辞典」(三省堂)のフリーデマンの項にも、「春」の記載はなし。
音友社版の解説には、「ツィーグラー第3巻の第44番に一部がのせられている」とあるだけです。
このツィーグラーとは、「耳から学ぶ」がキャッチフレーズのピアノ教本のことで、近代(現代?)のものだと思いますが・・・。
1、2巻は近所の楽譜売り場で見ましたが、3巻は絶版のようで確認できませんでした。

ひょっとしてこの曲は、フリーデマン自身又は当時に由来する一次史料がなく、後年他者により編纂された曲集に「フリーデマン作」として載っているだけなのかもしれません。
しかも上記の2版では、短調から初めの長調に戻る際、ヤマハ版には音友版にはない4小節の経過部が挿入されています。
(今回は音友社版を見て打ち込んだので、この部分はありません)
何か、色々と怪しい曲だなあ・・・。(笑)

あくまで素人の憶測ですが、私はこの曲、フリーデマン作ではない気もしてるんですよ。
唯一の有名曲?にまで疑いをかけられて、可哀相なフリーデマン!とは思いますが・・・。
はたして真相は、どうなんでしょうね????

◆ 11日追記:英語版 Wikipedia 、フリーデマンのページの作品リストにも、単独の「Frühling」という鍵盤曲は載っていません。
F.25の、「2 pieces for harpsichord 」の内の1曲でしょうかね?
これ以外には、可能性のありそうな作品は見当たらないです・・・。

ヘンデル何でも掲示板 ★     ★ Twitterやってます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この曲大好きです!
自演シリーズでアップしたかったのですが・・・暖かくなってからにします。(笑)
以前以下の記事で触れた曲なのですが、子供の演奏でしか聴くチャンスがなかったです。
http://santa-cecilia.blog.so-net.ne.jp/2008-07-18-1
「春」についてはちょっとしか触れてないのですが・・・。
「プレ・インヴェンション」(全音)の楽譜に載っています。
一般的にインヴェンションをやる前にささっとやってしまう曲という扱いが多いでしょうか。
確か解説にあったような気がしますが中間部は春の雷のイメージでしょうか。
Cecilia
URL
2010/02/10 10:18
Ceciliaさん、

>この曲大好きです!
たぶんそうではないかな・・・と思っていました。
自演シリーズでのアップ、楽しみにしています。

>中間部は春の雷のイメージでしょうか
私もこの部分は何なのかなあ?と思ってるのですが・・・。
「ドイツの春」ってのが良くわからないので。(笑)
今回、中間部分とその他では、少し音色を変えています。
中間部分は「柔らか目」の音になってますが、もし「春雷」だとしたら、逆の方が良かったかもですね。(^ ^;)
REIKO
2010/02/11 12:13
本日はご訪問ありがとうございました。まさに「春」という感じでよい演奏ですね。他にもアップロードされているのでしょうか。見つけられなくて・・・
yablinsky
URL
2010/02/22 22:10
yablinskyさん、
おいでいただき、ありがとうございます♪

>他にもアップロードされているのでしょうか
はい、去年はヘンデル中心にやっていたので、左サイドバー「テーマ」の「ヘンデル・マルチメディア」で、打ち込み演奏を公開しています。

このウェブリ・ブログにMP3を直接アップして、記事にプレイヤーを表示して公開できるのを、つい最近まで知らなかった(笑)ので、去年は一々動画にしてたんですよね・・・まあ、楽譜と一緒に出せる利点はありますが。
この「春」は、パブリック・ドメインの楽譜が見つけられなかったので、音だけになっています。

今年以降は、この「鍵盤の小箱」テーマで初心者向け鍵盤曲を中心に、打ち込み演奏をアップする予定です。
yablinskyさんのブログも楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いいたします。
REIKO
2010/02/23 13:09
僕はこの作品はフリーデマンの真作だと思いますよ。中間部の癖のある半音階的進行とその終わり方が、さすがフリーデマン!と思ってしまいました。
きゆう
2010/02/23 14:18
きゆうさん、

>僕はこの作品はフリーデマンの真作だと思いますよ
お、そうですか!?(^ ^;)

>中間部の癖のある半音階的進行とその終わり方
なるほど・・・
この曲、この中間部があることで、すごく面白くなってるんですよね。

でもこの「春」は日本でだけ有名なのか、Youtubeでも海外の動画はないし、楽譜もネットでは捜せませんでした。
(日本でダウンロード販売してるものはあるが、海外のパブリックドメイン楽譜のダウンロードサイトでは出ていない)

追記で書いている、F.25の詳細がわかればいいんですけど・・・。
REIKO
2010/02/23 17:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フリーデマンの「春」は真作なのか? ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる